横浜港、上半期外国貿易取扱量2年連続増加


9月18日、横浜市港湾局は横浜港の今年上半期(1~6月)の外貿コンテナ取扱量を公表した。133万1428TEU(前年同期比3.1%増)と、2年連続の増加となった。内訳は、輸出が70万7171TEU、輸入が62万4257TEU。8月にはAPLの北米航路、航路別の取扱量では、東南アジア航路は45万2364TEU(前年同期比12.3%増)、中国航路は33万571TEU(前年同期比4.3%増)と前年実績を上回った。豪州・ニュージーランド航路、ナホトカ航路も増加した。一方で、北米西岸航路は13万4999TEU(前年同期比15.8%減)、北米東岸航路は1万2928TEU(前年同期比9.1%減)と減少。韓国航路も前年実績を下回った。全体からすると9月にはCOSCOの中南米航路が新規就航しており、今後、横浜港はさらなる取扱量増加につながる見通しだ。

On September 18, the Port Authority of Yokohama City announced the volume of foreign trade containers handled by Yokohama Port in the first half of this year (January-June). The company posted an increase of 1,331,428 TEU (up 3.1% y-o-y) for the second consecutive year. The breakdown is 707,171 TEU for exports and 624,257 TEU for imports. In August, APL's volume by North American route and route was 452,364 TEU for Southeast Asia (up 12.3% YoY) and 335,71TEU for China (up 4.3% YoY). Australian and New Zealand routes and Nahotka routes also increased. On the other hand, North America's West Bank Traffic Route declined to 134,999 TEU (down 15.8% y-o-y) and North America's East Bank Traffic Route declined to 12,928 TEU (down 9.1% y-o-y). South Korean routes also fell below the previous year's level. Overall, COSCO's Latin American and Caribbean Traffic Route was launched in September, and Yokohama Port is expected to further increase its volume.


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

米デカルト・データマインは9月のアジア発米国向(往航)及び、8月の米国発アジア向(復航)コンテナ輸送量実績を発表した。それによると、9月のアジア主要10か国・地域発米国向は1,546,488TEU(前年同月比-13.6%)で、8月の米国発アジア主要10か国・地域向の8月分は、45万4985TEU(-2.0%)だった。アジア発においては最大の中国が131,181TEU(-21.0%)と、2020年5

IATAは、8月に6ヶ月連続の航空貨物輸送需要減少にもかかわらず、航空貨物市場は安定していると発表した。8月の8.3%減少し、7月に記録した9.7%の減少からわずかに改善された。スペース供給は6.3%増加し、平均貨物積載率は46.7%(前年同期比-7.5%)。IATAのウィリー・ウォルシュ事務局長によると「航空貨物は引き続き回復力を示している。貨物量は、2021年の反動減や、経済の不確実性、ウクラ

アジア発の主要路線における航空貨物運賃は、ピークシーズンに向かっているにもかかわらず、9月も引き続き弱含みで推移している。バルチック取引所航空貨物指数(BAI)によると、9月の香港発北米向け運賃はUSD7.94/kg(前年同月比-18.5%)、8月のUSD8.33/kgを下回る結果となった。この下落は、新型コロナ規制の緩和により香港で旅客機のベリースペースの供給が回復していることと、航空貨物の見通