top of page

MSCとマースク、コンテナ船提携2Mを2025年に解消

MSC(スイス)とA.P.モラー・マースク(デンマーク)の2社は、コンテナ船を共同運航するアライアンス「2M」について、2025年1月に契約を終了することで互いに合意した。提携解消に関する理由や原因は言及されていない。両社は共同声明を発表し「2015年に契約を締結して以来、...

IHIグループ、AIでコンテナ船到着予測し通関円滑に

IHIグループのIHIジェットサービスが、AI(人工知能)を活用してコンテナ船の到着時間の予想などを可能にするサプライチェーン可視化・追跡情報提供事業を開始した。船舶自動識別装置(AIS)情報を使ったコンテナ船のリアルタイム情報とAIによる電子通関サービスを融合。通関手続き...

日本郵船見通し、2022年の世界のコンテナ荷動きは減速

日本郵船は「世界のコンテナ輸送と就航状況 2022年版」の発刊に合わせ、報道関係者向けオンライン説明会を開催し、2022年のコンテナ荷動きの実績が「前年並みか前年割れ」になる見通しを示した。その上で、アジア発欧州・米国向けが9月以降に荷動きが急減するなど、今年は2021年か...

22年11月フォワーダーランキング

2022年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で19,113㌧(前年同月比-14.7%)、2位は近鉄エクスプレスで12,907㌧(-12.1%)、3位は郵船ロジスティクスで10,089㌧(-20.8%)、4位は阪急阪神エクス...

郵船ロジ、ベルギーのヘルスケア物流3社を買収

郵船ロジスティクスは、ベルギーでヘルスケア物流サービスを手掛ける3社を買収した。3社はGroup Pierre傘下のAjimex、Transport Pierre、Pierre Logisticsで、いずれもヘルスケア物流を強みとした事業を展開する。Ajimex、Trans...

近鉄エクスプレス、インド・Allcargo Logisticsとの合弁解消

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、...

ANA第2四半期連結決算、3年ぶり黒字回復

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要...

UPS、成田・米国間の輸送能力を増強

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで...

STANDAGE、貿易業務に係る疑問を解決するウェブメディアを公開

デジタル貿易プラットフォームの開発・提供を手掛けるSTANDAGEは、貿易業務に係る疑問を解決するウェブメディア「貿易ドットコム」を公開した。国内市場の将来的な縮小が予想される一方で、海外への販路に商機を見い出し貿易業務に参画する企業が増えている。一方で専門的な知識や煩雑な...

米国ーアジア間コンテナ輸送、中国を中心に減少傾向

米デカルト・データマインは9月のアジア発米国向(往航)及び、8月の米国発アジア向(復航)コンテナ輸送量実績を発表した。それによると、9月のアジア主要10か国・地域発米国向は1,546,488TEU(前年同月比-13.6%)で、8月の米国発アジア主要10か国・地域向の8月分は...

22年9月フォワーダーランキング

2022年9月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で21,209㌧(前年同月比-5.3%)、2位は近鉄エクスプレスで14,330㌧(-2.1%)、3位は郵船ロジスティクスで10,348㌧(-18.0%)、4位は阪急阪神エクスプレス...

IATA、航空貨物市場は直近の需要減少にもかかわらず安定の見通し

IATAは、8月に6ヶ月連続の航空貨物輸送需要減少にもかかわらず、航空貨物市場は安定していると発表した。8月の8.3%減少し、7月に記録した9.7%の減少からわずかに改善された。スペース供給は6.3%増加し、平均貨物積載率は46.7%(前年同期比-7.5%)。IATAのウィ...

9月のアジア発航空貨物運賃推移、緩やかに下落

アジア発の主要路線における航空貨物運賃は、ピークシーズンに向かっているにもかかわらず、9月も引き続き弱含みで推移している。バルチック取引所航空貨物指数(BAI)によると、9月の香港発北米向け運賃はUSD7.94/kg(前年同月比-18.5%)、8月のUSD8.33/kgを下...

2022年日本発国際貨物輸送は小幅増

NX総合研究所の発表した「2022年度の経済と貨物輸送の見通し(改訂)」によると、外貿コンテナ貨物は輸出の2022年度は1.8%増と小幅ながらプラスを維持した。輸入の2022年度は2.2%増と前年度に引き続き増加。また国際航空貨物は輸出の2022年度は0.2%増とかろうじて...

成田ーリエージュ(ベルギー)で貨物便が初就航

欧州を中心に航空貨物輸送を展開しているASL航空ベルギー(TAY/3V)は、10月1日より成田ーリエージュ(ベルギー)の貨物便運航を始めた。両都市を結ぶ路線は初めてで、機材はボーイング747-400。成田発は水・土曜、リエージュ発は火・金曜の週2便を、当面の間はカザフスタン...

エミレーツ航空とユナイテッド航空、インターラインとブロックスペースに関する覚書に調印

エミレーツ・スカイカーゴ(EK/UAE)とユナイテッド・カーゴ(UA/UAL)は、貨物のインターラインオプションやブロックスペース契約の拡大等の課題について協力するための覚書に調印した。覚書は両航空貨物事業者間の既存の貨物インターライン協定に基づき、貨物顧客により大きな統合...

航空貨物運賃相場、軟調に推移

WorldACD Market Dataによると、世界の航空貨物料金は9月も軟調に推移した。航空貨物料金は9月の最初の2週間で緩やかな下落を続け、数量は最初の1週間で下落した後、2週目にわずかに増加した。これは、8月の世界の貨物量の減少に続くもの。特に、北米発の貨物量は10...

bottom of page