top of page

3月の貿易総額は1兆1762億円減少 March trade value decreased by 1,176.2 billion yen

財務省が20日に発表した貿易統計(速報)によると、輸出額は6兆3579億円(前年同月比-11.7%)、輸入額は6兆3529億円(-5%)となった。差引額は49億円の輸出超過。輸出は主に、米国向け自動車とアジア向けの自動車部品・船舶が減少。輸入は石炭・液化天然ガス・原粗油が減少した一方で、中国からの通信機、米国・EUからの医薬品などは増加した。

According to the trade statistics (flash report) released by the Ministry of Finance on the 20th, exports amounted to 6,357.9 billion yen (-11.7% year-on-year) and imports amounted to 6,352.9 billion yen (-5%). The deduction is 4.9 billion yen in excess of exports. Exports decreased mainly for automobiles for the United States and automobile parts and ships for Asia. Imports of coal, liquefied natural gas, and crude oil decreased, while communication equipment from China and pharmaceuticals from the US and EU increased.

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

香港からの航空貨物サービス料金、昨年を上回る需要増

香港からヨーロッパと北米への航空貨物サービス料金は昨年を上回り、需要が急増している。4月の香港から北米への平均料金は1kg当たりUSD5.54で、前年比6.5%増。ヨーロッパへの料金も1kg当たりUSD4.47と前年比12%増加し、2022年7月以来の初めての同時増加となった。需要の急増はファッションや消費財の電子商取引に起因するという。中国南部などでの電子商取引や電子タバコ産業の拡大により、航空

3月も世界の航空貨物市場の成長は持続的

2024年3月、世界の航空貨物需要は前年同月比11%増加し、これで3ヶ月連続の増加となった。この成長を牽引したのは、電子商取引と紅海航路の混乱という要因でした。最新の分析結果を発表したXenetaによると、2024年第1四半期の高い需要は、8%増加した貨物船舶のキャパシティ成長を上回ったという。

航空貨物運賃の低下傾向続くも、紅海攻撃が影響

2024年2月欧米とアジアを結ぶ主要路線での航空貨物料金が、昨年比で引き続き低下している。バルティック取引所航空貨物指数(BAI)によると、香港から北米への料金はUSD4.66/kgと、昨年同月比で5.5%減少した。これは、1月のUSD5.22ドルからの低下。この減少は旧正月が昨年1月から今年は2月にずれたことによるもの。しかし、料金は2023年の水準を下回り続け、下落基調は18か月連続。ただ、減

Comments


bottom of page