top of page

日本発航空貨物運賃、2~5倍で高止まり Japan air freight fares remain high at 2-5 times

新型コロナウイルスの影響により、航空貨物スペースの縮小が続いている。全方面で供給が不足しており、フォワーダーは輸送案件ごとに都度、航空会社と運賃交渉を行っている。コロナ禍で通常、夏季スケジュールが始まる前に決着する航空会社の入札が休止となっており、フォワーダーそれぞれが持つ長期契約運賃が使用できない状況となっているためだ。また、需給が日々変化しており、運賃も乱高下している。日本発でのスポットでの航空会社運賃の相場は、例年に比べて2~5倍に高騰し、高止まりの状況。特に欧米向けの長距離路線や東南アジア、南アジアの路線の高騰が深刻となっている。


Air cargo space continues to shrink due to the impact of the new coronavirus. Due to lack of supply in all areas, forwarders negotiate fares with airlines for each transport case. This is because the auction of airlines that normally settle before the start of the summer schedule in Corona is suspended, and the long-term contract fares of each forwarder cannot be used. Moreover, supply and demand are changing daily, and fares are fluctuating. The market price of airline fares at spots departing from Japan has been 2 to 5 times higher than usual and remains high. In particular, soaring long-haul routes to Europe and the United States, and Southeast Asian and South Asian routes are becoming serious issues.

閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

スエズ運河経由貨物が激減、フーシ派攻撃で紅海回避の動き

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2023年12月初めからの2カ月間において、スエズ運河を通航する貨物船が39%減少し、貨物トンベースで45%の減少があったと発表した。この急激な減少の背景には、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海を航行する商船への攻撃があり、海運会社が安全確保のために迂回ルートを選択したことが挙げられる。特にコンテナ輸送は過去2ヶ月間で-82%の大幅減少している。既にロ

2024年の航空貨物需要、4.5%成長見通し

IATAは2024年の世界貿易の3.5%増加予測に伴い、航空貨物需要が4.5%増加すると予測している。地域別では、アフリカが1.5%、アジア太平洋が3.6%、ヨーロッパが4.1%、ラテンアメリカが7.7%、中東が12.3%、北米が2.1%の貨物需要増を見込んでいる。ただし、収入は17.3%少ない1114億ドルを見込む。とはいえコロナ禍前の2019年の水準を11%上回る。なお、2023年の収入は前年

2024年航空貨物需要、小幅成長を見込む

2024年の航空貨物需要は横ばいか小幅な成長にとどまるという慎重な予想が国際航空貨物協会(TIACA)エグゼクティブサミットで議論された。2024年の第4四半期には需要が1%増加する見込みで、第1四半期と第2四半期には2%と3%の成長が期待されている。ただし、地政学的リスクや旅客サービスへの影響等、市場の不確実性が需要予測を難しくしている。

bottom of page