航空貨物運賃、需要回復で上昇傾向 Air freight rates are rising due to recovery in demand

需要回復により日本発輸出の航空貨物運賃が上昇している。旅客便は一部復便しているものの、物量の回復に供給が追いつかない状況。自動車関連や半導体関連の需要が旺盛な北米向けが特に高騰しており、スポットベースでは昨年の今ごろとの比較で3~4倍になっている。冬季ダイヤに向けて妥結したフォワーダーと航空会社の長期契約運賃も上昇しており、供給が比較的豊富な東アジア向けを除き、通常時5割増~2倍程度の水準の高値となっている。

Air freight rates for exports from Japan are rising due to the recovery in demand. Although some passenger flights have returned, the supply cannot keep up with the recovery in quantity. Demand for automobiles and semiconductors is particularly strong for North America, and the spot base is three to four times higher than this time last year. The file rates (long-term contract fares) of forwarders and airlines that have been concluded for the winter timetable are also rising, and except for East Asia, where supply is relatively abundant, the high price is about 50% to 2 times higher than usual.

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

米デカルト・データマインは9月のアジア発米国向(往航)及び、8月の米国発アジア向(復航)コンテナ輸送量実績を発表した。それによると、9月のアジア主要10か国・地域発米国向は1,546,488TEU(前年同月比-13.6%)で、8月の米国発アジア主要10か国・地域向の8月分は、45万4985TEU(-2.0%)だった。アジア発においては最大の中国が131,181TEU(-21.0%)と、2020年5

IATAは、8月に6ヶ月連続の航空貨物輸送需要減少にもかかわらず、航空貨物市場は安定していると発表した。8月の8.3%減少し、7月に記録した9.7%の減少からわずかに改善された。スペース供給は6.3%増加し、平均貨物積載率は46.7%(前年同期比-7.5%)。IATAのウィリー・ウォルシュ事務局長によると「航空貨物は引き続き回復力を示している。貨物量は、2021年の反動減や、経済の不確実性、ウクラ

アジア発の主要路線における航空貨物運賃は、ピークシーズンに向かっているにもかかわらず、9月も引き続き弱含みで推移している。バルチック取引所航空貨物指数(BAI)によると、9月の香港発北米向け運賃はUSD7.94/kg(前年同月比-18.5%)、8月のUSD8.33/kgを下回る結果となった。この下落は、新型コロナ規制の緩和により香港で旅客機のベリースペースの供給が回復していることと、航空貨物の見通