日本発航空輸出混載貨物実績(3月) Air cargo exporting from Japan results (March)

2020年3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が6万9320㌧(前年同月比-21.8%)、件数が21万7257件(-16.6%)だった。全方面で減少しており、前年比でTC3は2割、TC1は3割、TC2は4割以上減少した。 前年割れは16ヶ月連続で、重量の2桁減は14ヶ月連続。3月は新型コロナウィルスの影響で旅客便の減便・運休が拡大したが、輸入が好調な取り降ろしが1割の増加。輸出量に鈍化が見られたものの、仮陸揚げは積み込み、取り降ろしとも堅調で2ヶ月連続の前年超えだった。

In March 2020, the combined air cargo shipment from Japan was 69,320 tons (-21.8% year-on-year), and the number of cargoes was 217,257 (-16.6%). It has decreased in all areas, with TC3 decreasing by 20%, TC1 decreasing by 30%, and TC2 decreasing by more than 40%. The year-on-year decrease was 16 consecutive months, and the double-digit weight loss was 14 consecutive months. In March, the number of passenger flights decreased and canceled due to the impact of the new coronavirus, but withdrawals due to favorable imports increased by 10%. Despite a slowdown in exports, temporary landing was solid and both loading and unloading were solid for the second consecutive month, exceeding the previous year's level.

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

米デカルト・データマインは9月のアジア発米国向(往航)及び、8月の米国発アジア向(復航)コンテナ輸送量実績を発表した。それによると、9月のアジア主要10か国・地域発米国向は1,546,488TEU(前年同月比-13.6%)で、8月の米国発アジア主要10か国・地域向の8月分は、45万4985TEU(-2.0%)だった。アジア発においては最大の中国が131,181TEU(-21.0%)と、2020年5

IATAは、8月に6ヶ月連続の航空貨物輸送需要減少にもかかわらず、航空貨物市場は安定していると発表した。8月の8.3%減少し、7月に記録した9.7%の減少からわずかに改善された。スペース供給は6.3%増加し、平均貨物積載率は46.7%(前年同期比-7.5%)。IATAのウィリー・ウォルシュ事務局長によると「航空貨物は引き続き回復力を示している。貨物量は、2021年の反動減や、経済の不確実性、ウクラ

アジア発の主要路線における航空貨物運賃は、ピークシーズンに向かっているにもかかわらず、9月も引き続き弱含みで推移している。バルチック取引所航空貨物指数(BAI)によると、9月の香港発北米向け運賃はUSD7.94/kg(前年同月比-18.5%)、8月のUSD8.33/kgを下回る結果となった。この下落は、新型コロナ規制の緩和により香港で旅客機のベリースペースの供給が回復していることと、航空貨物の見通