top of page

海運決算、大手3社とも黒字予想 All three major shipping companies expect surplus


邦船大手3社の2020年3月期通期経常損益予想は、日本郵船が370億円の黒字、商船三井が500億円の黒字、川崎汽船が50億円の黒字となった。3社のコンテナ船事業統合会社オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)の業績が大幅に回復し、黒字転換の見込みに加え、不定期専用船でもLNGや海洋事業が堅調に推移するほか、自動車船の回復などで3社とも増益となる見通し。

Three major Japanese carriers forecasted ordinary profit and loss forecasts for the full fiscal year ending March 2020 of Nippon Yusen for 37 billion yen, MOL Mitsui for 50 billion yen, and Kawasaki Kisen for 5 billion yen. Business performance of three container ship business integrated company Ocean Network Express (ONE) has recovered substantially, and in addition to the prospect of a return to profitability, LNG and ocean business will also be firm in non-regular vessels, and car carriers All three companies are expected to increase their profit thanks to recovery.


閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

スエズ運河経由貨物が激減、フーシ派攻撃で紅海回避の動き

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2023年12月初めからの2カ月間において、スエズ運河を通航する貨物船が39%減少し、貨物トンベースで45%の減少があったと発表した。この急激な減少の背景には、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海を航行する商船への攻撃があり、海運会社が安全確保のために迂回ルートを選択したことが挙げられる。特にコンテナ輸送は過去2ヶ月間で-82%の大幅減少している。既にロ

CMA CGM、アジア発コンテナ運賃倍に引き上げ

CMA CGMは1月15日以降、アジア発地中海地域向けのコンテナ1個当たり単一運賃を1.5倍~2倍に引き上げる。背景には、イエメンの武装組織フーシ派による紅海商船攻撃でのスエズ運河回避の必要性がある。アジアからアドリア海の単一運賃は1月1〜14日までは20フィートコンテナでUSD2050、40フィートコンテナ(リーファーコンテナ含む)でUSD3100だったが、15日以降はそれぞれUSD3550、U

2024年の航空貨物需要、4.5%成長見通し

IATAは2024年の世界貿易の3.5%増加予測に伴い、航空貨物需要が4.5%増加すると予測している。地域別では、アフリカが1.5%、アジア太平洋が3.6%、ヨーロッパが4.1%、ラテンアメリカが7.7%、中東が12.3%、北米が2.1%の貨物需要増を見込んでいる。ただし、収入は17.3%少ない1114億ドルを見込む。とはいえコロナ禍前の2019年の水準を11%上回る。なお、2023年の収入は前年

bottom of page