海上運賃北米が高騰、SCFIコンテナ運賃動向(1月13日付)


上海航運交易所が発表している上海発海上コンテナ運賃、SCFI "Shanghai Containerized Freight Index"によると、1月13日付の北米東海岸の運賃はUSD3594/FEUで、昨年12月頭から54%も高騰している。中国は1月末に旧正月を控えており、それまでは引き続き高い運賃水準が持続するだろうとの見解が多い。


閲覧数:170回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、