top of page

ONE、国際海運の見通し発表 各地で遅延発生の可能性 ONE announces international shipping outlook-potential delays in various

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、国際海運の今後の見通しについて「特に3週間のロックダウンが発表されているインドと南アフリカなどで、今後大幅な遅延が発生する可能性がある」との見解を示した。各国港湾の状況については、「現状では政府対応により寄港できない港はないが、労働者不足などによる荷役作業の効率低下やターミナルの混雑が散見される」とし、外出禁止令や入国制限措置などの対応が一部で運航遅延を拡大させることを懸念している。なお、すでに発表している4月以降の追加減便については、物理的に運航できないといった意味合いのものではなく、需要減退によるものだという。


Ocean Network Express (ONE) has expressed its view on the future prospects of international shipping `` There may be a significant delay in the future, especially in India and South Africa where three weeks lockdown has been announced '' Was. Regarding the status of ports in each country, `` at present there are no ports that cannot call due to government response, but there is a decrease in the efficiency of cargo handling work and congestion of terminals due to shortage of workers, etc. '' We are concerned that the response will in some cases increase flight delays. The additional flight reductions since April, which have already been announced, are not due to physical inability to operate, but are due to declining demand.

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

スエズ運河経由貨物が激減、フーシ派攻撃で紅海回避の動き

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2023年12月初めからの2カ月間において、スエズ運河を通航する貨物船が39%減少し、貨物トンベースで45%の減少があったと発表した。この急激な減少の背景には、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海を航行する商船への攻撃があり、海運会社が安全確保のために迂回ルートを選択したことが挙げられる。特にコンテナ輸送は過去2ヶ月間で-82%の大幅減少している。既にロ

23年11月フォワーダーランキング

2023年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で16,753㌧(前年同月比-11.2%)、2位は郵船ロジスティクスで10,722㌧(+10.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,422㌧(-13.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,309㌧ (-19.5%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,957㌧(-33.0%)だった。前

bottom of page