top of page

スエズ運河コンテナ船座礁 27日夜離礁を目指す Container Ship Runs aground in Suez Canal, Attempting to Break Free on 27th

スエズ運河で、2万4000TEU型コンテナ船「エバーギブン」が座礁して運河をふさぎ、通行不能が続いている。 船を所有する正栄汽船は日本時間の27日夜の離礁を目指すと発表した。タグボート10隻を投入したものの離礁できず、さらに大型船2隻を投入する計画。現地では作業が長期化するという懸念も上がっている。

The 24,000 TEU container ship "Evergiven" has run aground in the Suez Canal, blocking the canal and making it impassable. Shoei Kisen, the owner of the ship, announced that they are aiming to leave the ship on the night of the 27th, Japan time. Ten tugboats have been deployed, but they have been unable to get the ship off the reef, and two more large ships are planned to be deployed. There are concerns in the area that the operation will take a long time.

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

成田国際空港(NAA)が発表した1月の空港運用状況によると、貨物便の発着回数は2500回(前年同月比-39%)となった。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ旅客便が回復に向かい、海上輸送の混乱も解消されてきたために減少したが、コロナ禍前の2019年1月と比べると36%増で、1月としては歴代3位となった。貨物量は前年同月比で33%減、19年同月比でも9%減となった。

2023年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,272㌧(前年同月比-33.7%)、2位は近鉄エクスプレスで10,209㌧(-30.7%)、3位は郵船ロジスティクスで7,232㌧(-33.3%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,141㌧ (-35.4%)、5位は阪急阪神エクスプレスで3,106㌧(-39.3%)だった。前月4位

オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)は、ソニーグループと共同で、スマートコンテナソリューションを開発する。ONEにとってコンテナの可視性が向上し、輸送も効率化し、より迅速かつ積極的な意思決定が可能になるという。それによると、ONEはソニーグループ傘下のSony Network Communications Europeと提携し、同ソリューションの開発を共同で行う。顧客企業にも、輸送中の

bottom of page