top of page

台風19号、主要空港機能回復も陸送に懸念 Typhoon No. 19, major airport function recovery concerns over land transport


台風19号は各地で記録的な大雨と甚大な被害をもたらしたが、成田や羽田など主要空港の航空貨物の取り扱いは10月15日までにほぼ平常通りに戻った。空港周辺の交通網やライフラインへの影響は限定的だったため、13日から貨物地区への搬出入が再開し、14日以降はトラックが活発に往来している。一方で、河川の氾濫などで被災した地域は物流会社による集荷・配送が困難な場合がある。中央道など一部区間が通行止めとなる高速道路もあり、渋滞による遅延など、空港間の保税転送も含め、陸送の懸念が残る。

Typhoon No. 19 caused record heavy rain and tremendous damage in various locations, but air cargo handling at major airports such as Narita and Haneda returned to normal as of October 15. Since the impact on the transportation network and lifeline around the airport was limited, the transportation to and from the cargo area resumed from the 13th, and trucks are coming and going actively after the 14th. On the other hand, in areas affected by river flooding, it may be difficult to collect and deliver by logistics companies. Some highways, such as Chuo Expressway, are closed, leaving concerns over land transportation, including bonded transfers between airports, such as delays due to traffic congestion.


閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

MSC(スイス)とA.P.モラー・マースク(デンマーク)の2社は、コンテナ船を共同運航するアライアンス「2M」について、2025年1月に契約を終了することで互いに合意した。提携解消に関する理由や原因は言及されていない。両社は共同声明を発表し「2015年に契約を締結して以来、多くの変化があった。提携を中止することで、独自の戦略を追求する道は開かれる」と説明。10年にわたる提携関係を前向きに捉えた上で

IHIグループのIHIジェットサービスが、AI(人工知能)を活用してコンテナ船の到着時間の予想などを可能にするサプライチェーン可視化・追跡情報提供事業を開始した。船舶自動識別装置(AIS)情報を使ったコンテナ船のリアルタイム情報とAIによる電子通関サービスを融合。通関手続きの簡素化や遅延を防ぐとともに、輸入関連に係る各種コストの削減を実現する世界初のサービスを提供するという。

日本郵船は「世界のコンテナ輸送と就航状況 2022年版」の発刊に合わせ、報道関係者向けオンライン説明会を開催し、2022年のコンテナ荷動きの実績が「前年並みか前年割れ」になる見通しを示した。その上で、アジア発欧州・米国向けが9月以降に荷動きが急減するなど、今年は2021年から継続した荷動きの増加に減速感が強まったと指摘。荷動き減少に伴う運賃の下落基調の背景には、世界的なインフレによる消費減退やロシ

bottom of page