top of page

Hacobu、多業種企業と物流情報ビッグデータ活用プラットフォーム構想を発表 Hacobu announces logistics information big data utilization p


荷主と運送事業者のマッチングシステム「MOVO(ムーボ)」を提供するHacobuは、他業種企業との取り組みを通じてIoTとクラウドを統合したオープンな物流プラットフォームを活用して物流課題を解決する構想 Sharing Logistics Platform (シェアリング・ロジスティクス・プラットフォーム)」を発表した。他業種企業とは大和ハウス工業、アスクル、 Sony Innovation Fund、 日本郵政キャピタル、日野自動車の5社。また、 三井不動産との資本業務提携を新たに締結した。Hacobuは、会社・業種の枠を超えてビッグデータが蓄積・利活用されるプラットフォームを構築することにより、ドライバー不足等の物流課題解決を目指すという。

Hacobu Co., Ltd., which provides a matching system for shippers and carriers, “MOVO” is a concept to solve logistics problems by utilizing an open logistics platform that integrates IoT and cloud through efforts with companies in other industries. "Sharing Logistics Platform" announced. Companies from other industries are Daiwa House Industry, ASKUL, Sony Innovation Fund, Japan Post Capital, and Hino Motors. A new capital and business alliance with Mitsui Fudosan was signed. Hacobu aims to solve logistics issues such as driver shortages by building a platform that stores and uses big data beyond the boundaries of companies and industries.


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

3月も世界の航空貨物市場の成長は持続的

2024年3月、世界の航空貨物需要は前年同月比11%増加し、これで3ヶ月連続の増加となった。この成長を牽引したのは、電子商取引と紅海航路の混乱という要因でした。最新の分析結果を発表したXenetaによると、2024年第1四半期の高い需要は、8%増加した貨物船舶のキャパシティ成長を上回ったという。

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

航空貨物運賃の低下傾向続くも、紅海攻撃が影響

2024年2月欧米とアジアを結ぶ主要路線での航空貨物料金が、昨年比で引き続き低下している。バルティック取引所航空貨物指数(BAI)によると、香港から北米への料金はUSD4.66/kgと、昨年同月比で5.5%減少した。これは、1月のUSD5.22ドルからの低下。この減少は旧正月が昨年1月から今年は2月にずれたことによるもの。しかし、料金は2023年の水準を下回り続け、下落基調は18か月連続。ただ、減

bottom of page