top of page

近鉄エクスプレス、業績予想を600億円の下方修正 Kintetsu Express revised downward forecast to 60 billion yen


近鉄エクスプレスの2020年3月期通期連結業績予想によると、売上高(営業収入)は5600億円と前回予想(2019年5月)の6200億円から600億円の下方修正となった。米中摩擦の影響や、電子部品などの輸送需要が落ち着いたことによる。さらに、同社が保有するAPLロジスティクス(APLL)からの想定した収益が見込めなくなったことも要因。郵船ロジスティクスを中心とする日本郵船の物流事業 の4~6月期の売上高は小幅に赤字転落し、売上高予想を前回発表の5400億円から5110億円に下方修正している。一方、日本通運は倉庫や自動車輸送の取り扱いなどが堅調で、売上高は0.7%増加。2020年3月期の業績予想を据え置いた。

According to Kintetsu Express's full-year consolidated financial forecasts for the fiscal year ending March 31, 2020, sales (operating revenue) were 560 billion yen, down from 602.0 billion yen in the previous forecast (May 2019) to 60 billion yen. This is due to the impact of friction between the United States and China, and the demand for transportation of electronic components has settled. Another factor is that the company is unable to expect the expected revenue from APL Logistics (APLL). In the NYK Group's logistics business centering on Yusen Logistics, sales in the April-June period fell slightly deficit, and the sales forecast was revised downward from 540 billion yen announced previously to 511.0 billion yen. On the other hand, Nippon Express increased sales by 0.7% due to solid handling of warehouses and automobile transportation. The performance forecast for the fiscal year ending March 2020 was unchanged.


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

IHIグループのIHIジェットサービスが、AI(人工知能)を活用してコンテナ船の到着時間の予想などを可能にするサプライチェーン可視化・追跡情報提供事業を開始した。船舶自動識別装置(AIS)情報を使ったコンテナ船のリアルタイム情報とAIによる電子通関サービスを融合。通関手続きの簡素化や遅延を防ぐとともに、輸入関連に係る各種コストの削減を実現する世界初のサービスを提供するという。

日本郵船は「世界のコンテナ輸送と就航状況 2022年版」の発刊に合わせ、報道関係者向けオンライン説明会を開催し、2022年のコンテナ荷動きの実績が「前年並みか前年割れ」になる見通しを示した。その上で、アジア発欧州・米国向けが9月以降に荷動きが急減するなど、今年は2021年から継続した荷動きの増加に減速感が強まったと指摘。荷動き減少に伴う運賃の下落基調の背景には、世界的なインフレによる消費減退やロシ

2022年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で19,113㌧(前年同月比-14.7%)、2位は近鉄エクスプレスで12,907㌧(-12.1%)、3位は郵船ロジスティクスで10,089㌧(-20.8%)、4位は阪急阪神エクスプレスで4,971㌧(-17.8%)、5位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で4,971㌧ (-12.4%)だった。業界

bottom of page