top of page

タイ、レムチャバン港、コンテナ船で爆発 遅延の可能性も Container ship fire and explosion at Laem Chabang docks may case delay


5月25日、韓国の高麗海運が保有する香港登録船の爆発がタイ・レムチャバンで発生した。コンテナ内の危険物が爆発の原因であったと考えられている。 2019年5月27日時点で、A0、A1、A2、B1、およびB2ターミナルは入出港制限がかかり、再開予定は不明。他のターミナルは全て機能しているが、容量の減少に伴って遅延の可能性もあるという。

On the 25th of May an explosion on board M/V KMTC, a Hong Kong Registered vessel occurred at Leam Chabang port. The director of Thailand Port Authority later the same day said that the incident was under control.It is believed that dangerous cargo contents of a container were the cause of the explosion. Reports state that 25 people working at the terminal and on board the vessel were injured as a result. During the explosion, the vessel was berthed at terminal A2. As of 27th of May 2019, A0, A1, A2, B1, and B2 terminals are non-operational. At this stage it unknown when the terminals will be working again. It is reported that the inspection showed no dangerous chemicals inside of the container.Despite all the other terminals being fully operational, ports current reduced capacity can cause delays.


閲覧数:78回

最新記事

すべて表示

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

スエズ運河経由貨物が激減、フーシ派攻撃で紅海回避の動き

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2023年12月初めからの2カ月間において、スエズ運河を通航する貨物船が39%減少し、貨物トンベースで45%の減少があったと発表した。この急激な減少の背景には、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海を航行する商船への攻撃があり、海運会社が安全確保のために迂回ルートを選択したことが挙げられる。特にコンテナ輸送は過去2ヶ月間で-82%の大幅減少している。既にロ

23年11月フォワーダーランキング

2023年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で16,753㌧(前年同月比-11.2%)、2位は郵船ロジスティクスで10,722㌧(+10.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,422㌧(-13.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,309㌧ (-19.5%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,957㌧(-33.0%)だった。前

bottom of page