top of page

関西国際空港国際貨物地区、12月初旬にほぼ完全復旧


台風21号からの復旧が遅れていた全日本空輸の輸入上屋が、12月2日までに外国籍航空会社の貨物便搭載分の取り扱いを

完全に再開する。これで関西国際空港の国際貨物地区は被災から約3カ月を経てほぼ完全復旧する目処が立った。

同社の輸入上屋は10月末までに施設屋根の修理などを終えて段階的に運営を再開している。10月中旬までに自社貨物便については全路線の取り扱いを再開していた。しかしながら、旅客便については関空発着自社便である6路線のうち3路線の取り扱いの再開が遅れていた。これを10月末までに再開したほか、外航から受託する貨物便搭載分についても一部から段階的に再開している。今回、受託する全3社の貨物便搭載分の取り扱いを12月2日までに全面的に再開するという。


閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

スエズ運河経由貨物が激減、フーシ派攻撃で紅海回避の動き

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2023年12月初めからの2カ月間において、スエズ運河を通航する貨物船が39%減少し、貨物トンベースで45%の減少があったと発表した。この急激な減少の背景には、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海を航行する商船への攻撃があり、海運会社が安全確保のために迂回ルートを選択したことが挙げられる。特にコンテナ輸送は過去2ヶ月間で-82%の大幅減少している。既にロ

23年11月フォワーダーランキング

2023年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で16,753㌧(前年同月比-11.2%)、2位は郵船ロジスティクスで10,722㌧(+10.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,422㌧(-13.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,309㌧ (-19.5%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,957㌧(-33.0%)だった。前

bottom of page