top of page

求荷求車シリーズ3. 今後の課題


2015年度の営業用トラック積載率は40.5%程度と、積載率を押し下げる他要因(例えば貨物の多頻度小口化、人口減少など)があったとしても、古来の求荷求車サービスは劇的な積載率改善には至っていない。果たして新興の運送マッチングは積載率改善に貢献できるのであろうか。

物流情報プラットフォーム、「MOVO」を運営するhacobu社長、佐々木氏によると物流業界は荷物と運送会社の需給調整のオンライン集中化による積載率改善と価格の適正化が必須という。「ハコベル」は 最適ルート、車両台数、配送の所要時間を簡単に試算できるようにした。(前回記載)「MOVO」はトラックの待ち時間を削減するため荷下ろしのための予約機能をつけた。「PickGo」は貨物量でなく時間契約で料金を運送者へ支払いをする。

運送マッチングを運営する企業は、空車利用という、浮き沈みの激しい世界で勝ち抜く体力を持つことが必要となる。定期便や多頻度利用企業の獲得も手段ではあるが、 積載トラック業界が抱える問題の改善に繋がる、マッチング+αのサービスを提供できるかも生き残りの鍵になりそうだ。


閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

エティハド・カーゴとキューネ・アンド・ナーゲル、予約システム統合で効率性向上

エティハド・カーゴは、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)と予約システムを統合し、リアルタイムの容量と価格の可視化を提供する。このパートナーシップは、先進的なウェブサービスとInstant Offer Rate (IOR) ツールを活用し、予約の効率性と透明性を向上させる。エティハド・カーゴは最近、cargo.one、WebCargo、CargoWise、CargoAIとの協力を含む技術投資を行い

24年5月フォワーダーランキング

2024年5月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,033㌧(前年同月比+13.4%)、2位は 近鉄エクスプレスで10,112㌧(+4.2%)、3位は 郵船ロジスティクスで9,584㌧(+25.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,185㌧ (+4.8%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,693㌧(-6.7%)だった。

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

bottom of page