top of page

日本-ASEANコールドチェーン物流で国際規格化を協議

国土交通省は、ASEAN各国との物流分野における連携強化に向け、第19回日ASEAN物流専門家会合をオンラインで開催した。質の高いコールドチェーン物流の促進や物流サービス向上につながる人材育成といった観点から、各国の政府関係者らが意見交換した。ASEANから出席したのは、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの9か国の政府関係者など。日本からは国土交通省と日立物流が物流事業者として参加した。国交省は、タイとインドネシアの2国間で実施した物流政策対話やワークショップ、実証輸送の結果について紹介。コールドチェーン物流分野の国際標準化についても、国際標準化機構(ISO)の技術委員会での取り組みを紹介し、各国に同委員会への参加を呼び掛け、マレーシアやフィリピンから前向きな反応を得た。ASEAN側もコールドチェーン物流に関する取り組みを紹介したほか、ブルネイやカンボジアなどから国家規格化に関する進捗状況や計画について説明があった。物流人材の育成に関しては、国交省がラオスやベトナムにおける大学生や行政官を対象にした育成事業について報告。マレーシアへの取り組み拡大を提案し、来年度の実施に向けて協議していく方針で合意した。

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

エティハド・カーゴとキューネ・アンド・ナーゲル、予約システム統合で効率性向上

エティハド・カーゴは、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)と予約システムを統合し、リアルタイムの容量と価格の可視化を提供する。このパートナーシップは、先進的なウェブサービスとInstant Offer Rate (IOR) ツールを活用し、予約の効率性と透明性を向上させる。エティハド・カーゴは最近、cargo.one、WebCargo、CargoWise、CargoAIとの協力を含む技術投資を行い

24年5月フォワーダーランキング

2024年5月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,033㌧(前年同月比+13.4%)、2位は 近鉄エクスプレスで10,112㌧(+4.2%)、3位は 郵船ロジスティクスで9,584㌧(+25.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,185㌧ (+4.8%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,693㌧(-6.7%)だった。

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

Comments


bottom of page