top of page

世界の空港ランキング World airport rankings announced International freight volume decreased across the board

国際空港評議会(ACI)がまとめた世界の空港ランキング(速報値)によると、2020年1~3月の国際貨物取扱量は、世界上位(2019年実績ベース)20空港中8空港が2桁のマイナスとなった。プラス成長したのは、ソウル・仁川(前年同期比+3.5%)、ドーハ(+4.7%)、成田(+1.1%)だけだった。新型コロナの影響で、年明け以降、徐々に国際旅客便の運航停止が拡大した。3月下旬ごろには、入国制限措置をとる国・地域の割合が世界の9割に達し、国際旅客便の運航がほぼなくなった。これに伴い、通常、航空機下部のベリースペースで輸送されていた貨物流動もなくなり、ほとんどの空港で軒並みマイナス成長となった。総取扱量の上位10位は次の通り。1位 香港(-10.4%)、2位 上海・浦東(-6.5%)、3位 ソウル・仁川(+3.5%)、4位 ドバイ(-14.3%)、5位 ドーハ(+4.7%)、6位 台北・桃園(-0.3%)、7位 成田(+1.1%)、8位 シンガポール(+8.0%)、9位 フランクフルト(-11.2%)、10位 アンカレッジ(-1.3%)。


According to the international airport rankings (preliminary figures) compiled by the International Airport Council (ACI), international cargo handling volume in the January-March 2020 period is the highest in the world (based on actual results for 2019), 8 of the 20 airports are in double digits Became negative. Only Seoul / Incheon (+ 3.5% YoY), Doha (+ 4.7%), and Narita (+ 1.1%) grew. Due to the impact of the new Corona, the suspension of international passenger flights has gradually expanded since the beginning of the year. By the end of March, the proportion of countries and regions that had immigration restrictions reached 90% of the world's, and international passenger flights were virtually eliminated. Along with this, the cargo flow that was normally transported in the belly space underneath the aircraft also disappeared, and most airports experienced negative growth. The top 10 in terms of total volume handled are as follows. 1st Hong Kong (-10.4%), 2nd Shanghai / Pudong (-6.5%), 3rd Seoul / Incheon (+ 3.5%), 4th Dubai (-14.3%), 5th Doha (+ 4.7%), 6 Taoyuan Taoyuan (-0.3%), 7th Narita (+ 1.1%), 8th Singapore (+ 8.0%), 9th Frankfurt (-11.2%), 10th Anchorage (-1.3%).

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

スエズ運河経由貨物が激減、フーシ派攻撃で紅海回避の動き

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2023年12月初めからの2カ月間において、スエズ運河を通航する貨物船が39%減少し、貨物トンベースで45%の減少があったと発表した。この急激な減少の背景には、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海を航行する商船への攻撃があり、海運会社が安全確保のために迂回ルートを選択したことが挙げられる。特にコンテナ輸送は過去2ヶ月間で-82%の大幅減少している。既にロ

23年11月フォワーダーランキング

2023年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で16,753㌧(前年同月比-11.2%)、2位は郵船ロジスティクスで10,722㌧(+10.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,422㌧(-13.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,309㌧ (-19.5%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,957㌧(-33.0%)だった。前

bottom of page