top of page

UPS、カーボンニュートラル輸送オプションに補助 UPS Supports Carbon Neutral Shipping Options

UPSは世界環境デー(6月5日)を踏まえ、カーボンニュートラルサービスの利用者を支援する。今月中、同サービスで出荷した貨物のカーボンオフセットと同額を補助する。小口貨物1箱に付き70円の手数料で二酸化炭素の排出量を相殺。削減量が排出量を上回る「カーボンネガティブ」となる可能性もあるという。同社の最高サステナビリティ責任者(CSO)兼環境部門バイスプレジデント、スザンヌ・リンジー・ウォーカー氏は「地球を救う行動を推進することは、まさに世界環境デーを祝うための最善の方法だ。当社のカーボンニュートラル輸送オプションをより多くの顧客に認知・利用いただくことで、大規模な二酸化炭素削減プログラムへの支援を行い、輸送全体の環境に対するカーボンインパクトの削減を支援したい」とした。

UPS will support users of carbon neutral services based on World Environment Day (5 June). This month, the same amount of carbon offset as the cargo shipped by the service will be subsidized. CO2 emissions are offset by a fee of 70 yen for each small package. It is possible that the amount of reduction will be a "carbon negative" that exceeds the amount of emissions. “Promoting actions to save the planet is exactly the best way to celebrate World Environment Day.” Our Carbon Neutral We want to support a large-scale carbon dioxide reduction program by helping more customers to recognize and use the transportation options, and to help reduce the carbon impact on the environment of the entire transportation.”

閲覧数:48回

最新記事

すべて表示

MSC(スイス)とA.P.モラー・マースク(デンマーク)の2社は、コンテナ船を共同運航するアライアンス「2M」について、2025年1月に契約を終了することで互いに合意した。提携解消に関する理由や原因は言及されていない。両社は共同声明を発表し「2015年に契約を締結して以来、多くの変化があった。提携を中止することで、独自の戦略を追求する道は開かれる」と説明。10年にわたる提携関係を前向きに捉えた上で

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

bottom of page