top of page

日本貨物航空2020年3月期決算、売上3割増で赤字縮小 Nippon Cargo Airlines announced its financial results for the year 2020

日本郵船が発表した、日本貨物航空(NCA/KZ)の2020年3月期決算は、売上高が753億円(前期比+32.8%増)、経常損益が4億円改善の155億円の赤字だった。自社貨物機8機の稼働が高まり、前期から売上高は大幅増。一方で、期を通じて米中貿易摩擦などの影響で航空貨物需要が伸び悩んだことで、貨物の搭載率や運賃単価が下落して前期並みの赤字だった。2021年3月期の経常損益は、新型コロナウイルスに伴う貨物スペース縮小により、運賃市況の改善やチャーター便需要の増加が続くと見て120億円の黒字を見込んだ。 


Nippon Yusen announced NFC / KZ's financial results for the fiscal year ending March 31, 2020, with net sales of 75.3 billion yen (up 32.8% YoY) and ordinary income of JPY 15.5 billion, an improvement of 400 million yen. It was in the red. Sales of 8 of our own freighters have increased significantly from the previous fiscal year. On the other hand, due to the sluggish demand for air cargo due to the US-China trade friction and other factors throughout the period, the cargo loading rate and unit freight rates declined, resulting in a loss similar to the previous year. Ordinary profit for the fiscal year ending March 2021 is expected to be 12 billion yen, assuming that the freight market will continue to improve and demand for charter flights will continue due to the shrinking cargo space associated with the new coronavirus.

閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

住友商事、電場技術を活用した冷蔵海上輸送に革新:鮮度長期維持の可能性

住友商事はOOCLと、長期間の鮮度維持を可能とした冷蔵海上輸送をする業務提携契約を結んだ。これには電場技術が用いられ、高電圧によって微弱な電場を食品に与えることで、氷点下での食品の非凍結温度を低減させられる。住友商事は、一部出資した群馬県高崎市の企業が電場コンテナを開発したのを機に、電場コンテナを調達する仕組みを確立。また、真空度の高い梱包を食品に施すなどして鮮度保持効果を上げる輸送方法について特

CMA CGM、アジア発コンテナ運賃倍に引き上げ

CMA CGMは1月15日以降、アジア発地中海地域向けのコンテナ1個当たり単一運賃を1.5倍~2倍に引き上げる。背景には、イエメンの武装組織フーシ派による紅海商船攻撃でのスエズ運河回避の必要性がある。アジアからアドリア海の単一運賃は1月1〜14日までは20フィートコンテナでUSD2050、40フィートコンテナ(リーファーコンテナ含む)でUSD3100だったが、15日以降はそれぞれUSD3550、U

Komentar


bottom of page