top of page

日本貨物航空2020年3月期決算、売上3割増で赤字縮小 Nippon Cargo Airlines announced its financial results for the year 2020

日本郵船が発表した、日本貨物航空(NCA/KZ)の2020年3月期決算は、売上高が753億円(前期比+32.8%増)、経常損益が4億円改善の155億円の赤字だった。自社貨物機8機の稼働が高まり、前期から売上高は大幅増。一方で、期を通じて米中貿易摩擦などの影響で航空貨物需要が伸び悩んだことで、貨物の搭載率や運賃単価が下落して前期並みの赤字だった。2021年3月期の経常損益は、新型コロナウイルスに伴う貨物スペース縮小により、運賃市況の改善やチャーター便需要の増加が続くと見て120億円の黒字を見込んだ。 

Nippon Yusen announced NFC / KZ's financial results for the fiscal year ending March 31, 2020, with net sales of 75.3 billion yen (up 32.8% YoY) and ordinary income of JPY 15.5 billion, an improvement of 400 million yen. It was in the red. Sales of 8 of our own freighters have increased significantly from the previous fiscal year. On the other hand, due to the sluggish demand for air cargo due to the US-China trade friction and other factors throughout the period, the cargo loading rate and unit freight rates declined, resulting in a loss similar to the previous year. Ordinary profit for the fiscal year ending March 2021 is expected to be 12 billion yen, assuming that the freight market will continue to improve and demand for charter flights will continue due to the shrinking cargo space associated with the new coronavirus.

閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

MSC(スイス)とA.P.モラー・マースク(デンマーク)の2社は、コンテナ船を共同運航するアライアンス「2M」について、2025年1月に契約を終了することで互いに合意した。提携解消に関する理由や原因は言及されていない。両社は共同声明を発表し「2015年に契約を締結して以来、多くの変化があった。提携を中止することで、独自の戦略を追求する道は開かれる」と説明。10年にわたる提携関係を前向きに捉えた上で

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

bottom of page