日本貨物航空(NCA/KZ)、自社機運行を2機から4機へ


9月21日、日本貨物航空(NCA/KZ)は10月初旬までに自社機の運航体制を現在の2機から4機体制に拡充すると発表した。同社は、自社運航機の整備記録に不備があったことなどで、6月中旬より保有する全11機の運航を停止し健全性を確認しており、新たに2機の確認が終了したため。現在成田‐上海線、成田‐香港線の運行だったが、3機目を9月28日から成田‐シカゴ線を週3便で使用する。4機目についても、10月初旬より長距離路線に投入する方向で調整している。同社は7月に国土交通省から事業・業務改善命令を受けて、保有する自社機11機のうち3機を今年度内に退役させることを改善措置として発表していた。この予定に変更はないものの、当面は全11機の運航再開に向けて健全性の確認などを急ぎ、順次復帰させる予定だ。今月末にも、10月末からの冬スケジュール以降の運航計画を策定し、発表する。

On September 21, Nippon Cargo Airlines (NCA/KZ) announced that it would expand its fleet from the current two to four by early October. Since mid-June, the Company has stopped operations of all 11 aircraft owned by the Company and has confirmed their soundness, due to deficiencies in the maintenance records of its own aircraft, and two new aircraft have been checked. Currently, Narita-Shanghai Line and Narita-Hong Kong Line were in operation, but the third aircraft will be used from September 28 on the Ta-Chicago Line three flights a week. The fourth aircraft was also adjusted from the beginning of October to be launched on long-distance routes. In July, in response to an order from the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism for business and business improvement, the company announced that it would retire three of its 11 aircraft by the end of this fiscal year. Although this plan remains unchanged, for the time being, the company will promptly check the soundness of all 11 aircraft in order to resume operations, and plan to resume operations one by one. At the end of this month, a flight operation plan will be formulated and announced after the winter schedule from the end of October.


閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

欧州を中心に航空貨物輸送を展開しているASL航空ベルギー(TAY/3V)は、10月1日より成田ーリエージュ(ベルギー)の貨物便運航を始めた。両都市を結ぶ路線は初めてで、機材はボーイング747-400。成田発は水・土曜、リエージュ発は火・金曜の週2便を、当面の間はカザフスタンのヌルスルタンかアルマトイを経由して運航する。同社が持つリエージュ国際空港から欧州各国への豊富なネットワークを活用し、日本・欧