top of page

国交省、海上コンテナ輸送逼迫対応で協力要請 MLIT requested cooperation to deal with tight sea container transportation

国土交通省は、荷主や物流・船社・港湾関係団体に対し、世界的な国際海上コンテナ輸送の需給逼迫への対応に関する協力要請を発出した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なロックダウンで国際貿易は一時的に縮小したが、その後、急速に輸送需要が回復。海外主要港で滞船、実入りコンテナの搬出や空コンテナの返却の遅れが生じ、世界的に空コンテナが不足して輸送力が落ち込んでいる。具体的には実入り輸入コンテナの早期引き取り、空コンテナの早期返却などを要請。輸送コストの上昇分をフォワーダーなどとの取引価格への転嫁することにも理解を求めた。外航コンテナ船社に対しては臨時船の運航、日本発着貨物へのスペースの割当の確保、コンテナの新規調達の増加の検討を含め、日本発着貨物の国際海上コンテナ輸送力の増強、空コンテナの確保のための「最大限の努力」を促している。


The Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism has issued a request to shippers, logistics, shipping companies, and port-related organizations for cooperation in responding to the tight supply and demand of international sea container transportation worldwide. International trade temporarily contracted due to a global lockdown caused by the spread of the new coronavirus infection, but transportation demand recovered rapidly thereafter. Due to delays in shipping, carrying out actual containers and returning empty containers at major overseas ports, there is a global shortage of empty containers and the transportation capacity is declining. Specifically, we request the early collection of actual imported containers and the early return of empty containers. We also asked for understanding to pass on the increase in transportation costs to the transaction price with forwarders. For ocean-going container shipping companies, increase the international sea container transportation capacity of cargo departing from and arriving in Japan, including the operation of temporary vessels, securing space allocation for cargo arriving and departing from Japan, and considering increasing new procurement of containers, empty containers We are encouraging "maximum efforts" to secure.

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

エティハド・カーゴとキューネ・アンド・ナーゲル、予約システム統合で効率性向上

エティハド・カーゴは、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)と予約システムを統合し、リアルタイムの容量と価格の可視化を提供する。このパートナーシップは、先進的なウェブサービスとInstant Offer Rate (IOR) ツールを活用し、予約の効率性と透明性を向上させる。エティハド・カーゴは最近、cargo.one、WebCargo、CargoWise、CargoAIとの協力を含む技術投資を行い

24年5月フォワーダーランキング

2024年5月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,033㌧(前年同月比+13.4%)、2位は 近鉄エクスプレスで10,112㌧(+4.2%)、3位は 郵船ロジスティクスで9,584㌧(+25.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,185㌧ (+4.8%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,693㌧(-6.7%)だった。

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

Comments


bottom of page