top of page

IEC started reefer consolidated service


International Express (IEC), which is strengthening its marine refrigeration and transportation services, began offering reefer consolidated services to Hong Kong and Taiwan from Tokyo at the end of July. In September, Osaka obtained permission to handle marine cargo at the Nanport Logistics Center in Suminoe Ward, and is proceeding with the construction of services. Delivered from Tokyo, Reefer Containers provide mixed loading service weekly for Hong Kong and biweekly for Taiwan. The banning is carried out in the company's own warehouse in Tokyo and Oi. Despite the presence of forwarders that provide mixed sea refrigeration services, most of them are irregular due to difficulties in securing quantities. For Ogawa Senior Executive Officer "We want to capture demand and continue to offer services," he says. In the new medium-term management plan as well, the company intends to expand the volume of its products. Firstly, the company intends to strengthen its quality and expand its service menu.


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

23年11月フォワーダーランキング

2023年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で16,753㌧(前年同月比-11.2%)、2位は郵船ロジスティクスで10,722㌧(+10.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,422㌧(-13.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,309㌧ (-19.5%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,957㌧(-33.0%)だった。前

Comments


bottom of page