top of page

11月フォワーダーランキング Forwarder Ranking in November (International Air Cargo Handling Volume)

11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で20,459㌧(前年同月比+13.8%)、2位は近鉄エクスプレス10,341㌧(-8.9%) 、3位は郵船ロジスティクス9,933㌧(+4.5%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)4,357㌧ (-7.9%)、5位は阪急阪神エクスプレスは3,850㌧(-3.4%)だった。自動車関連の需要が旺盛。 日通、近鉄、郵船ロジの上位3社は10月比で減少した。

The international air cargo handling volume forwarder ranking from Japan in November has been clarified. Nippon Express ranked first at 20,459 tons (+ 13.8% year-on-year), Kintetsu Express at 10,341 tons (-8.9%), Yusen Logistics at 9,933 tons (+ 4.5%), and Nishi-Nippon Railroad at fourth. International Logistics Business Headquarters (Nishitsu) was 4,357 tons (-7.9%), and Hankyu Hanshin Express was third with 3,850 tons (-3.4%). Demand for automobiles is strong and improved with TC1 and TC2. The top three companies of Nippon Express, Kintetsu, and Yusen Logistics decreased from October.

閲覧数:132回

最新記事

すべて表示

郵船ロジスティクスは、ベルギーでヘルスケア物流サービスを手掛ける3社を買収した。3社はGroup Pierre傘下のAjimex、Transport Pierre、Pierre Logisticsで、いずれもヘルスケア物流を強みとした事業を展開する。Ajimex、Transport Pierreは医療、医薬品の輸送品質基準であるGDP認証を取得しており、グローバルで温度管理された出荷管理、輸送を専

bottom of page