運賃入札のためにEBFで利用可能なインコタームズ

e-Bid Freightは、国際物流の入札を自動化するWebサービスです。複数出荷のための運賃調達・管理ツールです。カスタマイズ可能なRFQフォーマットで、1プロジェクトあたり最大1,000レーンまでのe-Bidをサポートします。出荷レーンごとにインコタームズが異なるため、e-Bid Freightでは様々なインコタームズを用意しており、荷主がレーンごとに独自のインコタームズを設定することが可能です。ここでは、荷主が各出荷レーンに設定可能なインコタームズをご紹介します。


Shipping Mode: Air

  • Door to Port

  • Door to Door

  • Door to Door (except import customs clearance fee)

  • Port to Port

  • Port to Door

  • Port to Door (except import customs clearance fee)

  • Origin charge only

  • Destination charge only

  • Others

Shipping Mode: LCL/FCL

  • Door to Port (CFR for shipper)

  • Door to Port (CIF for shipper)

  • Door to Door (DDP for shipper)

  • Door to Door (DAP ot DAT for shipper)

  • Door to Door (EXW for cnee)

  • Port to Door (FOB for cnee)

  • Port to Door (FCA for cnee)

  • Port to Port (Freight only)

  • Port to Port (Freight and THC)

  • Others (FOB for shipper)

  • Others (FCA for shipper)

  • Others (CFR for cnee)

  • Others (CIF for cnee)

  • Others (DAP or DAT for cnee)

  • Others

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、