top of page

コロナワクチン輸送、前例ない難易度 DHL points out the COVID-19 vaccine supply is "unprecedented difficult"

DHLは、年内にも最初の新型コロナウイルス用ワクチンの緊急使用承認が認められる見通しとなるのを前に、物流企業が直面するであろう課題を整理した。同社が発表したレポートによると、物流企業は世界で100億回分以上にのぼるワクチンをマイナス80度より低い温度で輸送するという、厳しい温度要件が課される可能性がある、と指摘した。そのうえで、ワクチンをグローバルに供給するためには「さまざまなサプライチェーン全体で最大20万パレットの出荷、冷却ボックスで最大1500万回の配送、1万5000回のフライトが必要」と分析。これらのロジスティクスを機能させるためには、各国政府と民間部門が連携した公衆衛生危機戦略と枠組みを確立する必要があると指摘している。


DHL has set out the challenges that logistics companies may face, ahead of the approval for emergency use of the first vaccine for the new coronavirus by the end of the year. According to a report released by the company, logistics companies may be subject to stringent temperature requirements to transport more than 10 billion vaccines worldwide at temperatures below -80 degrees Celsius. After that, in order to supply the vaccine globally, it is necessary to ship up to 200,000 pallets throughout the various supply chains, deliver up to 15 million times in the cooling box, and fly 15,000 times. He points out that in order for these logistics to function, governments and the private sector should establish public health crisis strategies and frameworks.

閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

上海ロックダウン解消で航空貨物輸送量大幅回復

中国・上海のロックダウン(都市封鎖解消)に伴い、空港の貨物輸送量は持続的に回復し、主な航空物流企業の貨物輸送量は既に平常時の8割まで回復している。 上海浦東国際空港(PVG)の約半分の貨物輸送を担うチャイナ・カーゴ(CKK/CK) は上海発着の貨物便を754便運航し、輸送貨物は合計で1万6924㌧と、前年同期比で127.6%増加した。

中国で移動制限都市増加、工場停止増の恐れ

中国・上海市のロックダウン(都市封鎖)に続き、江蘇省蘇州市などで移動制限が始まった。 中国各地で感染流入阻止を目的に、貨物トラックの運転手にPCR検査や一定期間の強制隔離などを求める動きが広がっているため、 物流網寸断が加速し、工場の操業停止が一段と増える恐れがある。現に上海市内では、ソニーグループや味の素が工場を停止している。経済の急減速を回避するため、中国政府は生産再開に向けて円滑な物流の確保

マースク、上海都市封鎖で輸送コスト上昇見通し

マースクは28日、中国・上海市のロックダウン(都市封鎖)により輸送サービスに甚大な影響が及び、輸送コストが上昇するとの見通しを明らかにした。同社は上海を往来する輸送サービスは30%の深刻な影響を受けると推測している。上海の倉庫閉鎖に伴い、リードタイムが長くなり、迂回や高速道路の使用などの輸送コストが上昇する可能性を指摘している。

Comments


bottom of page