top of page

DHL、米国で通関サービスプラットフォーム提供


ドイツポストDHL傘下のDHLグローバルフォワーディング(DHL・GF)は9月18日、通関サービスのプラットフォーム「Customs Connection」の提供をアメリカで開始したと発表した。貨物ステータスや履歴の確認、リポート作成など、さまざまな機能を提供する。ユーザーはプラットフォームのダッシュボードから、貨物ステータス、履歴情報の閲覧・ダウンロード、貨物の種類・発地/着地でのソート、リポート作成、内訳の確認可能なインボイスの取得などの機能が利用できる。

For DHL Global Forwarding (DHL & GF) under the German Post DHL on September 18 for the customs clearance services "Customs Connection" The company announced that it had begun offering in the United States. Check the cargo status and history, various functions such as report creation are provided. From the platform's dashboard, the user has a cargo status, browsing and downloading of historical information, sorting by type of cargo, place of departure/landing, functions such as report creation and acquisition of invoices whose breakdown can be confirmed can be used.


閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

24年3月フォワーダーランキング

2024年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,733㌧(前年同月比-3.6%)、2位は郵船ロジスティクスで11,016㌧(+18.2%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,567㌧(-15.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,696㌧ (-0.2%)、5位は阪急阪神エクスプレスで3,064㌧(-17.0%)だった。

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

Комментарии


bottom of page