top of page

2020年3月期のANA国際貨物事業18%減収 ANA international freight business 2019 saw a 18% decrease

ANAホールディングス(ANAHD)が発表した2020年3月期決算によると、全日本空輸(NH/ANA)の国際貨物事業業績は貨物収入がの1026億円(前期比-17.9%)だった。期を通じて米中貿易摩擦を背景にした世界的な貨物需要の減少が響き、貨物輸送重量が5%減ったほか、イールドや重量単価がいずれも2桁減だった。ただ、3月は新型コロナウイルスの影響で貨物専用機による臨時便の需要が増えたほか、需給のひっ迫に伴う単価上昇で前年並みの収入を確保。ANAHDの福澤一郎取締役は「貨物に期待するところが大きくなっている」と述べ、5月以降も需要に応じて臨時便や旅客機を活用した貨物輸送を積極的に実施していく考えを示した。


According to the financial results for the year ending March 2020 announced by ANA Holdings (ANA HD), the cargo performance of All Nippon Airways (NH / ANA) in the international freight business was 102.6 billion yen (-17.9% YoY). The global freight demand declined due to the US-China trade friction throughout the period, and the freight transportation weight decreased by 5%, and both the yield and the unit price decreased by double digits. However, in March, the demand for temporary flights by freighter aircraft increased due to the impact of the new coronavirus, and unit prices increased due to tight supply and demand, and income was maintained at the same level as the previous year. ANAHD director Ichiro Fukuzawa said, “I have great expectations for freight,” and stated that he would actively carry out freight transportation using temporary flights and passenger aircraft depending on demand even after May.

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

住友商事、電場技術を活用した冷蔵海上輸送に革新:鮮度長期維持の可能性

住友商事はOOCLと、長期間の鮮度維持を可能とした冷蔵海上輸送をする業務提携契約を結んだ。これには電場技術が用いられ、高電圧によって微弱な電場を食品に与えることで、氷点下での食品の非凍結温度を低減させられる。住友商事は、一部出資した群馬県高崎市の企業が電場コンテナを開発したのを機に、電場コンテナを調達する仕組みを確立。また、真空度の高い梱包を食品に施すなどして鮮度保持効果を上げる輸送方法について特

CMA CGM、アジア発コンテナ運賃倍に引き上げ

CMA CGMは1月15日以降、アジア発地中海地域向けのコンテナ1個当たり単一運賃を1.5倍~2倍に引き上げる。背景には、イエメンの武装組織フーシ派による紅海商船攻撃でのスエズ運河回避の必要性がある。アジアからアドリア海の単一運賃は1月1〜14日までは20フィートコンテナでUSD2050、40フィートコンテナ(リーファーコンテナ含む)でUSD3100だったが、15日以降はそれぞれUSD3550、U

Comments


bottom of page