ANAカーゴ社長、声明発表「物流を止めない」 ANA Cargo President Announces Statement "We Never Stop Logistics"

新型コロナウイルスの影響により国内線・国際線ともに大規模な減便・運休が続くなか、ANAカーゴ(ANA/NH)の外山俊明社長は声明を発表した。出来得る限りのリソースを活用しながら、貨物臨時便・チャーター便の運航、他社との連携による買取りスペースの増加、旅客機材による貨物便就航の検討など、輸送能力の維持に向け対応を図る。経済活動の血流とも言える物流を止めない、という目的のため航空輸送ニーズに応えていくという。


ANA Cargo President Toshiaki Toyama has issued a statement amid large-scale flight reductions and suspensions on both domestic and international flights due to the impact of the new coronavirus. Utilize as many resources as possible to operate transport freighters and charter flights, increase purchasing space in cooperation with other companies, and consider the possibility of launching freight flights with passenger aircraft, etc., to respond to maintenance of transport capacity. It will respond to the needs of air transport for the purpose of not stopping logistics, which can be said to be the bloodstream of economic activity.

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

欧州を中心に航空貨物輸送を展開しているASL航空ベルギー(TAY/3V)は、10月1日より成田ーリエージュ(ベルギー)の貨物便運航を始めた。両都市を結ぶ路線は初めてで、機材はボーイング747-400。成田発は水・土曜、リエージュ発は火・金曜の週2便を、当面の間はカザフスタンのヌルスルタンかアルマトイを経由して運航する。同社が持つリエージュ国際空港から欧州各国への豊富なネットワークを活用し、日本・欧