日本発航空輸出混載貨物実績(5月) Air cargo exporting from Japan results (May)

2020年5月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が4万7487㌧(前年同月比-38.1%)、件数が15万9673件(-31.8%)だった。前年割れは18ヶ月連続で、重量の3桁減は16ヶ月連続。5万㌧を下回ったのはリーマン・ショック後に需要が減退して最悪期にあった2009年2月以来。世界各地での経済活動停滞や貨物スペースの縮小に加え、大型連休の影響があったとみられる。


In May 2020, the combined air cargo shipments originating from Japan were 47,487 tons (-38.1% year-on-year) and the number of cargoes was 159,673 (-31.8%). The year-on-year decline was 18 consecutive months, and the 3-digit weight loss was 16 consecutive months. It fell below 50,000 tons since February 2009, when the demand fell after the Lehman shock and the worst. In addition to stagnant economic activity around the world and reduction of cargo space, it is thought that large holidays had an effect.

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

米デカルト・データマインは9月のアジア発米国向(往航)及び、8月の米国発アジア向(復航)コンテナ輸送量実績を発表した。それによると、9月のアジア主要10か国・地域発米国向は1,546,488TEU(前年同月比-13.6%)で、8月の米国発アジア主要10か国・地域向の8月分は、45万4985TEU(-2.0%)だった。アジア発においては最大の中国が131,181TEU(-21.0%)と、2020年5

IATAは、8月に6ヶ月連続の航空貨物輸送需要減少にもかかわらず、航空貨物市場は安定していると発表した。8月の8.3%減少し、7月に記録した9.7%の減少からわずかに改善された。スペース供給は6.3%増加し、平均貨物積載率は46.7%(前年同期比-7.5%)。IATAのウィリー・ウォルシュ事務局長によると「航空貨物は引き続き回復力を示している。貨物量は、2021年の反動減や、経済の不確実性、ウクラ

アジア発の主要路線における航空貨物運賃は、ピークシーズンに向かっているにもかかわらず、9月も引き続き弱含みで推移している。バルチック取引所航空貨物指数(BAI)によると、9月の香港発北米向け運賃はUSD7.94/kg(前年同月比-18.5%)、8月のUSD8.33/kgを下回る結果となった。この下落は、新型コロナ規制の緩和により香港で旅客機のベリースペースの供給が回復していることと、航空貨物の見通