スエズ運河で座礁のコンテナ船離礁 A stranded container ship has left the Suez Canal

スエズ運河で座礁していたコンテナ船は、現地時間29日早朝、離礁に成功した。同船は日本時間29日夕に移動を開始し、運河途中の湖に到着後、運河の通航が再開される見通し。ただ、運河両端では既に450隻を超える滞船が発生しており、全て通過するまでどのくらいの時間を要するかは不明。20隻以上のコンテナ船が喜望峰ルートへ切り替えている。スケジュールの影響は避けられないという。

A container ship that had been stranded in the Suez Canal successfully left the water early in the morning of the 29th local time. The ship is expected to start moving on the evening of the 29th in Japan time, and after arriving at a lake in the middle of the canal, the canal will be reopened to traffic. However, more than 450 vessels are already languishing at both ends of the canal, and it is unclear how long it will take for all of them to pass through. More than 20 container ships have switched to the Cape of Good Hope route, and the impact on the schedule is unavoidable.

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、