top of page

中国・香港発航空貨物運賃、最大5倍 Air freight fares from China and Hong Kong, up to 5 times


中国・香港発航空貨物のスポット運賃が高騰している。上海、香港の両空港では、先週後半時点で、仕向け地によって従来比2~5倍の価格水準となっている模様。長距離路線よりも日本、韓国、台湾、アセアンなどアジア域内が高騰する傾向にあるという。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国発着旅客便のベリースペースが大幅に減少しているほか、日系企業の年度末にあたり、船便の航空シフトが加速していることも価格高騰の要因とみられる。供給が大幅にしぼられたことで短期のブッキングが難しくなり、主に大口顧客向けのチャーター便の手配検討も行われているようだ。

Spot fares for air cargo departing from China and Hong Kong are soaring. At the airports of Shanghai and Hong Kong, prices seem to be 2-5 times higher than in the past, depending on the destination as of the latter half of last week. It is said that prices in Asia such as Japan, Korea, Taiwan and ASEAN tend to rise more than long-haul routes. The spread of pneumonia caused by the new coronavirus has significantly reduced the berry space of passenger flights to and from China.According to the end of the fiscal year for Japanese companies, the accelerated air shift of shipping services is also thought to be the cause of the price rise. Can be The squeeze in supply has made short-term bookings more difficult, and it appears that charter flights are being considered, primarily for large customers.



閲覧数:48回

最新記事

すべて表示

エティハド・カーゴとキューネ・アンド・ナーゲル、予約システム統合で効率性向上

エティハド・カーゴは、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)と予約システムを統合し、リアルタイムの容量と価格の可視化を提供する。このパートナーシップは、先進的なウェブサービスとInstant Offer Rate (IOR) ツールを活用し、予約の効率性と透明性を向上させる。エティハド・カーゴは最近、cargo.one、WebCargo、CargoWise、CargoAIとの協力を含む技術投資を行い

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

bottom of page