ANAホールディングス、新型機投入も需要減少で貨物収入21%減 ANA Holdings to reduce cargo demand by 21% due to US-China trade fri


ANAホールディングス(ANA/NH)が発表した2020年3月期第3四半期決算によると、貨物収入は国際線が781億円(前年同期比-20.9%)となった。国際線貨物では、7月から成田~上海(浦東)線、10月から成田~シカゴ線へ大型貨物機ボーイング777F型機を導入し、自動車や半導体製造装置等の大型貨物の需要を取り込んだ。しかしながら米中貿易摩擦をはじめとする世界経済の減速を受け、日本発・海外発貨物はともに需要減退。全体では輸送重量・収入ともに前年同期を下回った。

According to ANA Holdings (ANA / NH) announced Q3 FY03 / 2020 results, cargo revenue for international flights was 78.1 billion yen (-20.9% YoY). In international cargo, a large cargo aircraft Boeing 777F was introduced on the Narita-Shanghai (Pudong) route in July and on the Narita-Chicago route in October to capture demand for large cargo such as automobiles and semiconductor manufacturing equipment. However, due to the global economic slowdown including the U.S.-China trade friction, demand for both Japanese and overseas cargo has declined. Overall, both transportation weight and revenue were lower than in the same period of the previous year.


閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

欧州を中心に航空貨物輸送を展開しているASL航空ベルギー(TAY/3V)は、10月1日より成田ーリエージュ(ベルギー)の貨物便運航を始めた。両都市を結ぶ路線は初めてで、機材はボーイング747-400。成田発は水・土曜、リエージュ発は火・金曜の週2便を、当面の間はカザフスタンのヌルスルタンかアルマトイを経由して運航する。同社が持つリエージュ国際空港から欧州各国への豊富なネットワークを活用し、日本・欧