top of page

リエージュ空港、アリババと航空業界向けAIプラットフォーム構築 Liege Airport / Alibaba Collaborate on AI-based cloud development fo


ベルギーのリエージュ空港は、中国のアリババ・グループ傘下のアリババクラウドとの提携を発表した。「アビエーションブレイン(Aviation Brain)」という航空業界向けAIプラットフォームを共同で構築する。空港における貨物滞留の削減や駐機スペースの運用効率化などを行うという。

Liège Airport has entered a partnership with the technology subsidiary of Chinese e-tail giant Alibaba, Alibaba Cloud, to leverage the tech giant’s “Aviation Brain” AI platforms across airport operations and handling procedures. The move is intended to strengthen the airport’s regional hub status through increased operational efficiency and improved digitalization of cargo operations.


閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

エティハド・カーゴとキューネ・アンド・ナーゲル、予約システム統合で効率性向上

エティハド・カーゴは、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)と予約システムを統合し、リアルタイムの容量と価格の可視化を提供する。このパートナーシップは、先進的なウェブサービスとInstant Offer Rate (IOR) ツールを活用し、予約の効率性と透明性を向上させる。エティハド・カーゴは最近、cargo.one、WebCargo、CargoWise、CargoAIとの協力を含む技術投資を行い

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

bottom of page