top of page

近鉄エクスプレス、ラグビーW杯プロジェクト貨物輸送受注 Kintetsu Express, Rugby World Cup project freight transportation orders


近鉄エクスプレスは現在開催中のラグビーワールドカップ2019日本大会向けの仮設電源輸送を取り扱った。プロジェクトカーゴジャパン(PCJ)と協業により実現し、8月下旬から9月上旬にかけて釜石・熊谷・横浜・豊田の4会場への搬入を行ったという。

Kintetsu Express handled temporary power supply for the current Rugby World Cup 2019 Japan tournament. It was realized in cooperation with Project Cargo Japan (PCJ), and it was carried into four venues in Kamaishi, Kumagaya, Yokohama, and Toyota from late August to early September.


閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

23年11月フォワーダーランキング

2023年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で16,753㌧(前年同月比-11.2%)、2位は郵船ロジスティクスで10,722㌧(+10.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,422㌧(-13.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,309㌧ (-19.5%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,957㌧(-33.0%)だった。前

日本通運、中東欧の企業買収で世界航空貨物フォワーダーTOP5入り

NXホールディングスは中東欧にある複数の貨物事業会社を買収し、航空貨物フォワーダーとしての地位を強化した。この買収は中欧・東欧が強力な物流拠点として台頭する中で実現した。7億4,000万ドルの買収により、取扱量は100万トンを超え、世界の航空貨物フォワーダーのトップ5入りを果たした。同社は 2023年の事業計画に基づき、日系事業を強化し、ハイテク、エレクトロニクス、自動車分野での強みを生かす方針。

bottom of page