top of page

大韓航空、旅客便減少を受け関西- 仁川間に臨時便運航 Korean Air operates temporary flights between Kansai and Incheon due to d


大韓航空(KAL/KE)は9月中、関西- 仁川間の貨物便を週3回に加え、臨時便を週2回運航する。日本政府観光局(JNTO)によると、8月韓国からのインバウンド(推計)が30万8700人(前年同月比-48.0%)と今年に入ってから最も大きく落ち込んだ。 日韓関係の悪化、“日本旅行ボイコット”などの影響で旅客便が縮小される中、大韓航空(KAL/KE)は減少した旅客スペース分を貨物空間として補完しようと今回の臨時便の運航が決まったと見られている。

Korean Air (KAL / KE) will add cargo flights between Kansai and Incheon three times a week and two extra flights twice a week. According to the Japan National Tourism Organization (JNTO), the number of inbound visitors from Korea in August was 308,700 (-48.0% compared to the same month in the previous year), the biggest decline since this year. Korean Air (KAL / KE) is operating a temporary flight this time to supplement the reduced passenger space as cargo space due to the deterioration of Japan-Korea relations and “Japan Travel Boycott”. It is seen as decided.


閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

3月も世界の航空貨物市場の成長は持続的

2024年3月、世界の航空貨物需要は前年同月比11%増加し、これで3ヶ月連続の増加となった。この成長を牽引したのは、電子商取引と紅海航路の混乱という要因でした。最新の分析結果を発表したXenetaによると、2024年第1四半期の高い需要は、8%増加した貨物船舶のキャパシティ成長を上回ったという。

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

航空貨物運賃の低下傾向続くも、紅海攻撃が影響

2024年2月欧米とアジアを結ぶ主要路線での航空貨物料金が、昨年比で引き続き低下している。バルティック取引所航空貨物指数(BAI)によると、香港から北米への料金はUSD4.66/kgと、昨年同月比で5.5%減少した。これは、1月のUSD5.22ドルからの低下。この減少は旧正月が昨年1月から今年は2月にずれたことによるもの。しかし、料金は2023年の水準を下回り続け、下落基調は18か月連続。ただ、減

bottom of page