top of page

ONE、コンテナ引取・返却場所変更手続きを電子化 ONE digitizes container pickup / return location change procedure


オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)は今年11月をめどに、国内コンテナのピックアップ・返却場所の変更申請手続きを電子化する。 電話やメールでの変更手続きを電子化するもので、ベルギーの アヴァンティーダ(Avantida)社との提携で実現。アヴァンティーダは欧州などを中心にコンテナ管理ソリューションを提供する。電子化により、返却場所によって異なる追加チャージが全て可視化されるため、荷主にとってのコスト削減や船社と荷主双方における業務効率化につながる。将来的には、アヴァンティーダのプラットフォームを活用したラウンドユースも行う方針だという。

Ocean Network Express (ONE) is prospect this year in November, digitizing change application procedures of the pickup and return of the country container. It is a computerized change procedure via telephone and email, and is realized in partnership with Avantida in Belgium. Avantida provides container management solutions mainly in Europe. This electronicization makes it possible to visualize all additional charges that differ depending on the return location, leading to cost reduction for shippers and operational efficiency for both shipping companies and shippers. In the future, the company plans to use the Avantida platform for round use.


閲覧数:125回

最新記事

すべて表示

MSC(スイス)とA.P.モラー・マースク(デンマーク)の2社は、コンテナ船を共同運航するアライアンス「2M」について、2025年1月に契約を終了することで互いに合意した。提携解消に関する理由や原因は言及されていない。両社は共同声明を発表し「2015年に契約を締結して以来、多くの変化があった。提携を中止することで、独自の戦略を追求する道は開かれる」と説明。10年にわたる提携関係を前向きに捉えた上で

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

bottom of page