top of page

ONE、コンテナ引取・返却場所変更手続きを電子化 ONE digitizes container pickup / return location change procedure


オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)は今年11月をめどに、国内コンテナのピックアップ・返却場所の変更申請手続きを電子化する。 電話やメールでの変更手続きを電子化するもので、ベルギーの アヴァンティーダ(Avantida)社との提携で実現。アヴァンティーダは欧州などを中心にコンテナ管理ソリューションを提供する。電子化により、返却場所によって異なる追加チャージが全て可視化されるため、荷主にとってのコスト削減や船社と荷主双方における業務効率化につながる。将来的には、アヴァンティーダのプラットフォームを活用したラウンドユースも行う方針だという。

Ocean Network Express (ONE) is prospect this year in November, digitizing change application procedures of the pickup and return of the country container. It is a computerized change procedure via telephone and email, and is realized in partnership with Avantida in Belgium. Avantida provides container management solutions mainly in Europe. This electronicization makes it possible to visualize all additional charges that differ depending on the return location, leading to cost reduction for shippers and operational efficiency for both shipping companies and shippers. In the future, the company plans to use the Avantida platform for round use.


閲覧数:126回

最新記事

すべて表示

エティハド・カーゴとキューネ・アンド・ナーゲル、予約システム統合で効率性向上

エティハド・カーゴは、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)と予約システムを統合し、リアルタイムの容量と価格の可視化を提供する。このパートナーシップは、先進的なウェブサービスとInstant Offer Rate (IOR) ツールを活用し、予約の効率性と透明性を向上させる。エティハド・カーゴは最近、cargo.one、WebCargo、CargoWise、CargoAIとの協力を含む技術投資を行い

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

bottom of page