top of page

三菱自動車、完成車物流事業をゼロへ移管 Mitsubishi Motors Transfers Car Logistics Business to Zero


三菱自動車は、子会社である三菱自動車ロジテクノ(MLT)の完成車物流事業を、日産自動車系完成車輸送大手のゼロへ移管すると発表した。移管は今年8月を目処に行う。両社の 完成車物流を一本化することで、輸送能力の柔軟性確保や施設の共用など、経済合理性を図るという。

Mitsubishi Motors announced that it will transfer its complete vehicle logistics business of its subsidiary Mitsubishi Automotive Logistics Technology (MLT) to Zero as a major manufacturer of finished vehicles for Nissan Motor vehicles. The transfer will be carried out this August. By consolidating the two companies' complete vehicle distribution, the company is planning to achieve economic rationality by securing flexibility in transport capacity and sharing facilities.


閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

エティハド・カーゴとキューネ・アンド・ナーゲル、予約システム統合で効率性向上

エティハド・カーゴは、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)と予約システムを統合し、リアルタイムの容量と価格の可視化を提供する。このパートナーシップは、先進的なウェブサービスとInstant Offer Rate (IOR) ツールを活用し、予約の効率性と透明性を向上させる。エティハド・カーゴは最近、cargo.one、WebCargo、CargoWise、CargoAIとの協力を含む技術投資を行い

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

bottom of page