オリンピック時の交通混雑緩和に向けて東京港・城南島にストックヤード設置  Set up stock yards in Tokyo Port and Jonanjima to reduce traffi


東京都と東京港埠頭会社は8月、東京港・大井コンテナふ頭至近の城南島に、24時間利用可能なストックヤードを設置し、運用トライアルを実施する。2020年の東京五輪・パラリンピック開催時における臨海部の主要道路における交通混雑の緩和を目的としたもの。現在トライアル実施事業者を募集している。

Tokyo Metropolitan Government and Tokyo Port Wharf Company will install a 24-hour stock yard and conduct an operation trial in August, in the area of Jonanjima near Tokyo Port and Oi Container Pier. The purpose is to reduce traffic congestion on major roads in the waterfront area at the 2020 Tokyo Olympics and Paralympic Games. We are currently recruiting trial implementation companies.


閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、