主要コンテナ船社の第1四半期業績は改善傾向 Q1 results of major container carriers improve


主要コンテナ船社の2019年第1四半期(1~3月)業績が発表された。各社運賃水準の改善や荷動きが堅調だったことで回復基調。 ただ、燃料油価格は前年同期比+10%程度と業績回復を遅らせている。全体として各社が実施する合理化や燃費節減などでやや改善傾向にあるが、最終段階ではCMA-CGMやオーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)、現代商船、ヤンミン、ZIMなどが赤字にとなった。

The performance of major container carriers in the first quarter of 2019 (Jan-Mar) was announced. Fuel oil prices have risen by 10% or more compared with the same period last year, delaying the recovery of business results, but on the other hand improved freight levels and firmness in cargo movements helped. In addition to this, overall profits and losses tend to improve due to streamlining and fuel efficiency savings implemented by each company, but at the final stage CMA-CGM, Ocean Network Express (ONE), Hyundai Trading, Yanmin, ZIM, etc stayed in the red.


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

米デカルト・データマインは9月のアジア発米国向(往航)及び、8月の米国発アジア向(復航)コンテナ輸送量実績を発表した。それによると、9月のアジア主要10か国・地域発米国向は1,546,488TEU(前年同月比-13.6%)で、8月の米国発アジア主要10か国・地域向の8月分は、45万4985TEU(-2.0%)だった。アジア発においては最大の中国が131,181TEU(-21.0%)と、2020年5