top of page

日系航空3社、3月期決算発表  Three Japanese airlines announce financial results for March


ANAホールディングス(ANA/NH)、日本航空(JAL/JL)、日本貨物航空(NCA/KZ)の日系航空3社の2019年3月期連結決算が発表された。ANA、JALは増収増益だったが、自社機運航を停止していたNCAは赤字となった。ANAの売上高は前期比4.4%増の2兆583億円(前期比+4.4%)、営業利益が1650億円(+0.3%)、経常利益が2.5%減の1566億円(+2.5%)だった。航空事業を中心に増収、営業益は4期連続で過去最高を更新した。JALの売上高は1兆4872億円(+7.5%)、営業利益が1761億円(+0.9%)、経常利益が11653億円(+1.3%)だった。好調だった旅客及び貨物の国際線収入が増益を支えた。NCAの売上高は567億円(-42%)、経常損益が159億円の赤字(前期は18億円の黒字)となった。昨年6月から自社貨物機が運航を停止した影響で大きく収入を減らした。

The consolidated financial results for the fiscal year ending March 2019 were announced by three Japanese airlines, ANA Holdings (ANA / NH), Japan Airlines (JAL / JL) and Nippon Cargo Airlines (NCA / KZ). While ANA and JAL reported higher sales and profits, NCA, which had stopped operating its aircraft, was in the red. ANA's sales increased 4.4% to 2,058.3 billion yen (+ 4.4% from the previous year), operating income is 165 billion yen (0.3%), ordinary income is 2.5% decreased to 156.6 billion yen (+ 2.5% )was. Sales increased mainly in the aviation business, and operating profit reached a record high for four consecutive terms. Sales of JAL were 1,487.2 billion yen (+ 7.5%), operating income was 176.1 billion yen (+ 0.9%), and ordinary income was 116.5 billion yen (+ 1.3%). Strong international passenger and freight revenues supported the increase. NCA's sales were 56.7 billion yen (-42%) and ordinary loss was 15.9 billion yen (compared to a surplus of 1.8 billion yen in the previous year). A significant decrease in sales due to the suspension of operations of our own cargo aircraft from June last year.


閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

スエズ運河経由貨物が激減、フーシ派攻撃で紅海回避の動き

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2023年12月初めからの2カ月間において、スエズ運河を通航する貨物船が39%減少し、貨物トンベースで45%の減少があったと発表した。この急激な減少の背景には、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海を航行する商船への攻撃があり、海運会社が安全確保のために迂回ルートを選択したことが挙げられる。特にコンテナ輸送は過去2ヶ月間で-82%の大幅減少している。既にロ

CMA CGM、アジア発コンテナ運賃倍に引き上げ

CMA CGMは1月15日以降、アジア発地中海地域向けのコンテナ1個当たり単一運賃を1.5倍~2倍に引き上げる。背景には、イエメンの武装組織フーシ派による紅海商船攻撃でのスエズ運河回避の必要性がある。アジアからアドリア海の単一運賃は1月1〜14日までは20フィートコンテナでUSD2050、40フィートコンテナ(リーファーコンテナ含む)でUSD3100だったが、15日以降はそれぞれUSD3550、U

2024年の航空貨物需要、4.5%成長見通し

IATAは2024年の世界貿易の3.5%増加予測に伴い、航空貨物需要が4.5%増加すると予測している。地域別では、アフリカが1.5%、アジア太平洋が3.6%、ヨーロッパが4.1%、ラテンアメリカが7.7%、中東が12.3%、北米が2.1%の貨物需要増を見込んでいる。ただし、収入は17.3%少ない1114億ドルを見込む。とはいえコロナ禍前の2019年の水準を11%上回る。なお、2023年の収入は前年

bottom of page