top of page

日系航空3社、3月期決算発表  Three Japanese airlines announce financial results for March


ANAホールディングス(ANA/NH)、日本航空(JAL/JL)、日本貨物航空(NCA/KZ)の日系航空3社の2019年3月期連結決算が発表された。ANA、JALは増収増益だったが、自社機運航を停止していたNCAは赤字となった。ANAの売上高は前期比4.4%増の2兆583億円(前期比+4.4%)、営業利益が1650億円(+0.3%)、経常利益が2.5%減の1566億円(+2.5%)だった。航空事業を中心に増収、営業益は4期連続で過去最高を更新した。JALの売上高は1兆4872億円(+7.5%)、営業利益が1761億円(+0.9%)、経常利益が11653億円(+1.3%)だった。好調だった旅客及び貨物の国際線収入が増益を支えた。NCAの売上高は567億円(-42%)、経常損益が159億円の赤字(前期は18億円の黒字)となった。昨年6月から自社貨物機が運航を停止した影響で大きく収入を減らした。

The consolidated financial results for the fiscal year ending March 2019 were announced by three Japanese airlines, ANA Holdings (ANA / NH), Japan Airlines (JAL / JL) and Nippon Cargo Airlines (NCA / KZ). While ANA and JAL reported higher sales and profits, NCA, which had stopped operating its aircraft, was in the red. ANA's sales increased 4.4% to 2,058.3 billion yen (+ 4.4% from the previous year), operating income is 165 billion yen (0.3%), ordinary income is 2.5% decreased to 156.6 billion yen (+ 2.5% )was. Sales increased mainly in the aviation business, and operating profit reached a record high for four consecutive terms. Sales of JAL were 1,487.2 billion yen (+ 7.5%), operating income was 176.1 billion yen (+ 0.9%), and ordinary income was 116.5 billion yen (+ 1.3%). Strong international passenger and freight revenues supported the increase. NCA's sales were 56.7 billion yen (-42%) and ordinary loss was 15.9 billion yen (compared to a surplus of 1.8 billion yen in the previous year). A significant decrease in sales due to the suspension of operations of our own cargo aircraft from June last year.


閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

アフリカ航空貨物市場の回復:Eコマースと戦略的投資が牽引

アフリカの航空貨物市場は近年困難な状況に直面していたが、現在は改善の兆しが見えてきている。IATAによると、昨年アフリカの航空会社は貨物需要が前年比で1.8%減少したが、ヨーロッパのインフレとドル高が消費支出を抑制したことが原因であり、今年の最初の3か月では需要が16.8%増加した。ナイロビに拠点を置くアストラル・アビエーションのサンジーブ・ガディア氏は、Eコマースが回復の主な要因であり、南アフリ

24年4月フォワーダーランキング

2024年4月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,395㌧(前年同月比+1.3%)、2位は 近鉄エクスプレスで9,908㌧(-6.2%)、3位は 郵船ロジスティクスで9,409㌧(+17.5%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,525㌧ (+2.9%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,792㌧(-15.4%)だった。2023年

bottom of page