top of page

郵船ロジスティクス グローバル統括組織「GHQ」新設 香港機能拡充、日本と両輪で


郵船ロジスティクスは4月1日に、グローバル経営戦略の統括組織、「グローバル・ヘッドクォーターズ(GHQ)」を新設する。GHQは日本本社と、香港法人の郵船グローバルフレート・マネジメントを主要拠点とする。香港では既に海上、航空の両事業で同名の「GHQ」を置いて海・空のフォワーディングを統括しており、機能を拡充する格好だ。同社の中長期経営計画「Transform2025」の基本戦略の一つに定めた、世界中でのサービスの安定と競争力の強化を実現する目的で、新たな統括組織を通じて世界5極のグローバル方針を明確化する。


閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

郵船ロジスティクスは、ベルギーでヘルスケア物流サービスを手掛ける3社を買収した。3社はGroup Pierre傘下のAjimex、Transport Pierre、Pierre Logisticsで、いずれもヘルスケア物流を強みとした事業を展開する。Ajimex、Transport Pierreは医療、医薬品の輸送品質基準であるGDP認証を取得しており、グローバルで温度管理された出荷管理、輸送を専

bottom of page