エスドックス、ブロックチェーンで海上貿易手続き容易に


貿易書類の電子化サービスを提供するエスドックス(essDOCs)は、既存の紙ベースの貿易書類手続きと電子化との間をつなぐ新サービスの実証実験を開始した。自社システムの「CargoDocs」から、NFC(近距離無線通信)チップとQRコードを添付したB/L(船荷証券)を出力する新サービス「dTrack」を開発。B/L流通の各段階において、スマートフォンで権限移転や位置情報を読み取り、それらをブロックチェーン上で管理する。将来の完全電子化に向けた過渡的なサービスと位置付け、より多くの荷主企業に利用を促す。現在、欧州やアジア太平洋地域の一部荷主や金融機関などと提携して実証実験を行っており、19年第1四半期中には正式リリースする予定。「dTrack」アプリは現在はアンドロイド端末でのみ利用が可能だが、iOS端末向けでもアプリの配信を開始する。


閲覧数:212回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、