top of page

エアブリッジカーゴ、成田発ソウル、モスクワ、フランクフルト向け増便へ


エアブリッジカーゴ(ABC/RU)は11月6日より、成田空港発着を1便増加させる。現行では水・木・土・日曜の週4便だったが、火曜日発着便を追加し、5便運航となる。追加便であるRU292便のダイヤは成田発21:20―ソウル(仁川/ICN)着23:50、ソウル発1:50+1―モスクワ(シェレメーチボ/SVO)5:25+1、モスクワ発8:50+1―フランクフルト(FRA)着10:10+1(時間はいずれも現地時間)。RU291便は火曜日3時15分にモスクワを出発し、成田に19時00分に到着する。


閲覧数:61回

最新記事

すべて表示

ルフトハンザカーゴ(DLH/LH)は、新しい緊急貨物輸送サービス「td.Zoom」を開始した。中国・上海からドイツ・フランクフルトを経由してスイス・チューリッヒに輸送する場合、従来は35-45時間ほど要するところを23時間で輸送する。同社のフランクフルト、ミュンヘン、ウィーンのハブ空港における特別なハンドリングプロセスによって、航空機からの積み下ろし時、倉庫から航空機への移動、トラックへの積み込な

DHL Expressとシンガポール航空(SIA/SQ)は戦略的提携を結び、シンガポールー米国間の貨物専用機の運航を開始させた。機材はシンガポール航空のボーイング777型貨物機を使用し、シンガポール、名古屋、ロサンゼルス、ホノルルなどを週5回運航する。このパートナーシップは、2022年3月に締結された契約に基づいており、中部国際空港の重要性を高め、電子商取引物流の拡大に寄与するという。DHLとシン

ANAホールディングスは、子会社のANA(NH)がルフトハンザ・カーゴ(LHA/LH)とユナイテッド航空(UA)との航空貨物共同事業を契約停止し、2024年に予定されている日本貨物航空の買収を見据えて再編することを発表した。これは、ANAグループが欧米への貨物便運航を吸収するための一環で、ANAカーゴとルフトハンザ・カーゴは過去に独占禁止法適用除外認可を受け、日欧間の貨物便を共同展開してきた。AN

bottom of page