top of page

ANA、来年2月より羽田―ウィーン線開設


10月15日、全日本空輸(ANA/NH)は来年2月17日から羽田―ウィーン線を毎日運航で新規開設すると発表した。 

使用機材はB787―9型機で、羽田1時55分発・ウィーン6時着、ウィーン11時50分発・羽田翌6時55分着(いずれも現地時間)。 ウィーン就航により、オーストリア航空をはじめとするルフトハンザグループ各社便へ乗り継ぐことで、欧州域内68都市へアクセスできる。ウィーンは全日空として欧州で7番目、世界で44番目の就航都市。欧州線は7路線・週112便に拡大する。 ウィーンは中・東欧の物流の拠点でもあり、欧州の中心に位置する地理的優位性を活かし、周辺地域も含めた貨物需要の取り込みも図る。


閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

CMA CGM、アジア発コンテナ運賃倍に引き上げ

CMA CGMは1月15日以降、アジア発地中海地域向けのコンテナ1個当たり単一運賃を1.5倍~2倍に引き上げる。背景には、イエメンの武装組織フーシ派による紅海商船攻撃でのスエズ運河回避の必要性がある。アジアからアドリア海の単一運賃は1月1〜14日までは20フィートコンテナでUSD2050、40フィートコンテナ(リーファーコンテナ含む)でUSD3100だったが、15日以降はそれぞれUSD3550、U

ルフトハンザの新サービス、上海-チューリッヒ間を40%短縮

ルフトハンザカーゴ(DLH/LH)は、新しい緊急貨物輸送サービス「td.Zoom」を開始した。中国・上海からドイツ・フランクフルトを経由してスイス・チューリッヒに輸送する場合、従来は35-45時間ほど要するところを23時間で輸送する。同社のフランクフルト、ミュンヘン、ウィーンのハブ空港における特別なハンドリングプロセスによって、航空機からの積み下ろし時、倉庫から航空機への移動、トラックへの積み込な

DHL Expressとシンガポール航空、貨物便運航を開始

DHL Expressとシンガポール航空(SIA/SQ)は戦略的提携を結び、シンガポールー米国間の貨物専用機の運航を開始させた。機材はシンガポール航空のボーイング777型貨物機を使用し、シンガポール、名古屋、ロサンゼルス、ホノルルなどを週5回運航する。このパートナーシップは、2022年3月に締結された契約に基づいており、中部国際空港の重要性を高め、電子商取引物流の拡大に寄与するという。DHLとシン

bottom of page