top of page

日通、9月航空輸出混載実績26カ月連続の前年超え


日本通運の9月の日本発航空輸出混載実績(重量ベース)は2万6942㌧(前年同月比15.8%)だった。台風21号の影響で関西国際空港発着のスペース減少などのマイナスとなる影響もあったが、輸送需要は旺盛で26カ月連続の前年超えとなった。TC1、2、3の全方面で前年超えを記録した。方面別だと、TC1が3割弱の増加、TC2が5割弱の増加、TC3が1桁半ばの増加。一方、9月の航空輸入通関件数は3万5790件(前年同月比-6.6%)。8月まで7カ月連続で増加していたが、輸出に比べて台風影響を強く受けてマイナスに転じた。


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

郵船ロジスティクスは、ベルギーでヘルスケア物流サービスを手掛ける3社を買収した。3社はGroup Pierre傘下のAjimex、Transport Pierre、Pierre Logisticsで、いずれもヘルスケア物流を強みとした事業を展開する。Ajimex、Transport Pierreは医療、医薬品の輸送品質基準であるGDP認証を取得しており、グローバルで温度管理された出荷管理、輸送を専

bottom of page