International air cargo reduced about 40,000 tons at Kanku Sep. 2018


On October 4, Tokyo, Osaka Customs, and others published a preliminary report on the volume of international air cargo handled at five major airports in September. The total volume of Kansai International Airport handled in the same month was 29,474 tons, a decrease of 60% from the same month of the previous year. The international freight district ceased to function and stagnated on September 4 due to the influence of Typhoon No. 21. The average monthly handling of 70,000 tons until the typhoon was hit directly by Kanku was reduced by about 40,000 tons. Although Narita, Haneda, and Chubu replaced this, the total volume of cargo handled by the three airports increased by only 30,000 tons from August, as the cargo demand from and to Kansai Airport could not be compensated. The total volume handled by five airports in September fell 13% to 305,427 tons, a sharp decrease from August.


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

米デカルト・データマインは9月のアジア発米国向(往航)及び、8月の米国発アジア向(復航)コンテナ輸送量実績を発表した。それによると、9月のアジア主要10か国・地域発米国向は1,546,488TEU(前年同月比-13.6%)で、8月の米国発アジア主要10か国・地域向の8月分は、45万4985TEU(-2.0%)だった。アジア発においては最大の中国が131,181TEU(-21.0%)と、2020年5

IATAは、8月に6ヶ月連続の航空貨物輸送需要減少にもかかわらず、航空貨物市場は安定していると発表した。8月の8.3%減少し、7月に記録した9.7%の減少からわずかに改善された。スペース供給は6.3%増加し、平均貨物積載率は46.7%(前年同期比-7.5%)。IATAのウィリー・ウォルシュ事務局長によると「航空貨物は引き続き回復力を示している。貨物量は、2021年の反動減や、経済の不確実性、ウクラ

アジア発の主要路線における航空貨物運賃は、ピークシーズンに向かっているにもかかわらず、9月も引き続き弱含みで推移している。バルチック取引所航空貨物指数(BAI)によると、9月の香港発北米向け運賃はUSD7.94/kg(前年同月比-18.5%)、8月のUSD8.33/kgを下回る結果となった。この下落は、新型コロナ規制の緩和により香港で旅客機のベリースペースの供給が回復していることと、航空貨物の見通