top of page

日通、タイで新ロジスティクスセンター竣工式


日通ロジスティクスタイランドがタイ、チョンブリ県に位置するアマタシティチョンブリ工業団地で整備を進めてきたロジスティクスセンターの竣工式が7月17日行われた。新倉庫がある同団地はバンコクから東へ約60kmに位置する。敷地面積は7万2064平方㍍、倉庫面積は2万9916平方㍍、延べ床面積は3万1891平方㍍。

新倉庫整備により競争力向上につなげ、タイ経済の成長に伴う消費市場関連の物流や

同国政府が進める経済特区「東部経済回廊(EEC)」にも対応していく。 また同団地の進出企業は、日系企業が7割を占め、自動車関連企業が集積している。航空・海運フォワーディング、国内販売物流、製造物流(ジャストインタイム納品)、クロスボーダートラック輸送など物流全般のニーズに応えていく。また、バンコクに近い立地を生かして、消費市場向けの需要も取り込んでいく方針だ。


閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

24年3月フォワーダーランキング

2024年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,733㌧(前年同月比-3.6%)、2位は郵船ロジスティクスで11,016㌧(+18.2%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,567㌧(-15.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,696㌧ (-0.2%)、5位は阪急阪神エクスプレスで3,064㌧(-17.0%)だった。

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

bottom of page