top of page

郵船ロジスティクス、マレーシアのコールドチェーン事業強化


郵船ロジスティクスは7月12日、マレーシアでコールドチェーン事業の統括会社、TASCO YUSEN GOLD COLD (TYGC)の設立を発表した。TYGCは昨年から今年にかけてGold Cold Transport (GCT)と、MILS Cold Chain Logistics (MCCL)の2社を統合して設立された。 いずれも、郵船ロジスティクスが昨年から今年にかけて買収したマレーシア国内でのコールドチェーン事業を展開する企業だ。GCT、MCCL共にマレーシア政府の認証機関であるマレーシア・イスラム開発局(JAKIM)から倉庫のハラル認証を取得しており、同国内におけるハラル食品のコールドチェーンサービスの提供も可能。アセアン域内での生鮮品を含む食料品、飲料、医薬品などの品質を維持した三温度帯輸送・保管の需要増加に応えていく。


閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

郵船ロジスティクスは、ベルギーでヘルスケア物流サービスを手掛ける3社を買収した。3社はGroup Pierre傘下のAjimex、Transport Pierre、Pierre Logisticsで、いずれもヘルスケア物流を強みとした事業を展開する。Ajimex、Transport Pierreは医療、医薬品の輸送品質基準であるGDP認証を取得しており、グローバルで温度管理された出荷管理、輸送を専

bottom of page