日通、政府備蓄米の保管に不正行為


7月4日 日本通運は 、非常時の政府備蓄米の保管について不正があったと発表した。同社広島支店の社員が2014年から2016年にかけ、保管中に外装が水に濡れたり破れたりした政府米を新しい袋に詰め替え、事故を隠蔽していた。詰め替えられた政府米は計266袋にのぼり、偽造した検査印を押印していた。このうち外装が濡れた15袋は飼料用米として2016年に出荷したが、食用としては流通しておらず健康被害の報告はないとのこと。 検査印の偽造については農産物検査法に違反する可能性があるため、

農林水産省が調査を行う。日通は、従業員に対するコンプライアンスの徹底および社内管理体制の強化により、再発防止に努めるとしている。


閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、